ホテルマイステイズプレミアム札幌パークの宿泊レビュー

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

次女の卒業旅行として、家族3人で北海道に行ったわけですが、2泊3日のタイトなスケジュールのため、小樽と札幌で観光をすませることにしました。

今回の記事は2泊目のホテル、「ホテルマイステイズプレミアム札幌パーク」のレビューになります。

小樽での宿泊先「小樽朝里クラッセホテル」のレビューは下の記事で確認してください。

1泊目の山の自然に囲まれた小樽朝里クラッセホテルとは違い、今回は都会のイメージで洗練されたホテルですが、ここもまた満足のいくホテルでした。

駐車場は基本的に1泊1,500円で、何度外出の出入庫してもそれ以上はかかりません。

当初、私たちは札幌でいろいろなお店で食べ歩きをしたく、ホテルは素泊まりで食事の申し込みはしませんでした。

でも翌朝の朝食はバイキングにして、それぞれ好きな料理を食べようということになりました。

このような場合、フロントで申し入れれば対応してくれます。

都会的なタワーホテルは温泉、食事も最高

札幌市内である程度の食事、観光をすませて16:00頃に一度チェックインのため、ホテルに立ち寄りました。

前日からの疲れもあり、一度ベース基地でゆっくりしたかったのもあったので。

ホテルのロビーでチェックインを済ませると、ここはロビーから自分たちで部屋まで荷物を持って行きます。

ただ「便利だな」と思ったことがあります。それはルームキーはカードキーなんですけど、私たちの人数分のカードが渡されることです。

前日のホテルもそうですが、1部屋に1つのキーが渡されることが多いです。

すると大浴場とかちょっとした外出が、不便になることがあったりします。

今回申し込んだ旅行会社のサイトによると、3名1室の場合、ツインベッドの部屋にエキストラベッドを設けると書いてあったのですが、このホテルでは普通のベッドが3つ並んで置いてありました。

写真ではベッドは2つしか映っていませんが、手前にもう一つ常設のベッドが置いてありました。

窓からの景色はビルが遮り、あまり売りにはなりそうもありませんでした。

Wi-Fiも設定すれば簡単に接続が出来て、サクサクものです。

部屋着は浴衣ではなく、ツーピースのひざ丈パンツと半袖のラグジュアリーなものでした。

大浴場まで、部屋着のまま移動できるので楽です。

ただしレストランやバイキング会場への入場は、部屋着のままではNGになります。

大浴場は高級エステのようなゴージャスな印象でテンションあげあげ

都会の真ん中なので、田舎のリゾートホテルのような絶景を売りにするのが難しい分、こちらは「ゴージャス」を売りにしているのかな、と感じました。

シャワーはワンプッシュで数秒間お湯が出る、というタイプでなく蛇口を回している間、ずっとお湯は出てくれます。

しかも抜群な水圧なので、ストレスがありません。

浴場は露天風呂もありますが、どうも男湯にだけあるようです。

そしてエレベーターを降りて、浴場までの廊下の様子がしたの写真です。

間接照明と床のジュウタン、曲線を描いた廊下、ゴージャスな気分とワクワク感を高めてくれます。

男性の脱衣所の様子です。

夕方と晩、翌朝の朝風呂と合計3回入りました。

とてもいい雰囲気の浴場です。

モーニングはこだわりのバイキングで家族は大満足

前述しましたが、事前予約しないでいた朝食バイキングですが、急きょバイキングに参加しようという話になり、当日朝にフロントに申し入れて簡単に参加することができました。

バイキングの風景は写真におさめていませんが、とても広い空間に各々好きなテーブルに付き食事をしていました。

ここでも多くのホテルが行うように、和洋中の料理が置いてあるのですが、鰹節ならぬ鮭節とこだわり卵で食べる卵かけご飯、とびっことだし汁のぶっかけ飯など、「和」に力が入っているのかな、と感じました。

ただ期待のハードルが高すぎたのでしょうか、海鮮生ものの分野はわりと普通でした。

あとドリンクも各種取り揃えているのですが、私の好きなアイスコーヒーがなかったのも残念なポイントでした。

ただ大食漢の私でもすべての種類を食べつくすことが出来ないほど、沢山のメニューが用意されていました。

わりとホテルの朝食バイキングくらいなら全種類いけてしまうのですが、ここはムリでした。

まとめ

都会の雰囲気を醸し出したホテルでした。私たちは利用しませんでしたがトレーニングジムも完備され、観光客以外にもビジネスの方も利用しているようでした。

ホテルから夕方、夜と観光や食事の為車を出したのですが、駐車場はホテル敷地内のパーキングビルで機械式なので、係員の方に操作してもらわなければならない為気軽に何度も繰り返し外出するのは面倒かもしれません。

更に夜10時を回ると、駐車場に係り員はいなくなります。

その場合、駐車場に備え付けの内線電話でフロントの人を呼び出します。

そんなことが私にとって、マイナスポイントでした。

しかし街中にもほど近く、接客や施設の設備、綺麗さなど、どの点をとっても満足がいくホテルでした。

この記事が参考になれば、幸いです。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!