羽田からJALで北海道 春休みなのに家族3人で飛行機、ホテル、レンタカー代込みで77,400円で行ってきたよ ~札幌編~

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

この記事は、下の記事の続編になります。

.

娘の中学卒業旅行に、家族で北海道にやってきて2日目、朝は朝市を満喫して小樽を出発しました。

札幌に向ってほどなくすると、予定にはなかったのですが何やら面白そうな建物が見えてきました。

チョコレートファクトリー??  白い恋人??

「なんか面白そうだから寄ってみよう」ってことで急きょ立ち寄りです。

ここは北海道の定番お菓子、「白い恋人」のテーマパークのようです。

白い恋人パーク

駐車場は遠く離れた臨時駐車場に廻されるほどの、賑わいでした。

敷地の門をくぐると直ぐに、メルヘンチックな世界観が広がります。

白い恋人の絵柄パッケージの、チョコレートドリンクなるものも売られていました。

北海道限定なのでしょうか、娘は興味津々のようで自分で買っていましたね。

一通り外の様子を見学したのですが、それだけでも結構見応えがあります。

そして下の写真がそうですが、西洋のお城のような建物の中に入ってみました。

1階はお菓子作り体験ができたり、白い恋人のパッケージに自分の写真を埋め込めたり、可愛らしいグッズが売っていたり・・・

2階にはフードコートがあります。

そこにディスプレイされているブリキのおもちゃは、大人が観ていても楽しめます。

小さな子供がいる家庭や、カップルで来ても楽しめそうなスポットです。白い恋人というとド定番というか、ベタというか六花亭やROYCE(ロイズ)、ルタオなどに目が移りがちですが、ここへ来ると白い恋人にも色々銘菓があるな~と思わせてくれますよ!!

札幌観光

札幌市内に着くと、これもベタですが「札幌時計台」に向いまいした。

札幌時計台は「旧札幌農学校演武場」とのことで、とても由緒ある建物なんですね。

テレビなんかで観るイメージより、実際に見る方が小ぶりに見えました。

シンプルだけど、威厳があるという感じです。

羊肉が苦手な私でも、パクパクいけちゃう北海道のジンギスカン

昼は家族みんなが楽しみにしていた、北海道グルメの1つ「ジンギスカン」にしました。

妻と娘はジンギスカンが大好物なんで、とても楽しみにしていたようですが、私は羊肉の臭みが嫌いで今一つ気乗りしなかったんです。

周りからは「北海道のは臭みがなくて、嫌いな人でも食べられちゃうよ」なんて聞いていたので少しは期待していたんですが。

で、実際に食べた感想なんですが、うーん・・確かに臭みに関してはあるにはあるけど、その臭みが「コク」というか「クセになりそうなアク」というか、嫌な印象がないんです。

タレも美味しいし、野菜がジンギスカンの脂を吸って旨みが増して、とにかく私も家族も大満足なお昼でした。

サッポロビール園

ここ、サッポロビール園でもビール飲み放題のジンギスカンを食せるレストランがあったようですが、もう食べてしまったので後の祭りです。

サッポロビールという会社がどれだけ、日本政府の一大プロジェクトを担っていたか、重く深い歴史を学べました。

ここの2階ではジンギスカンとビールが、飲み放題、食べ放題のレストランがありました。

私たちは別のお店でジンギスカンを食べたばかりだったので、1回のドリンクスペースで北海道限定の「サッポロビール クラシカル」を堪能しました。

そうこうしているうちに夕方になったので、札幌での宿泊先「ホテルマイステイズプレミアム札幌パーク」のチェックインに向いました。

このホテルも、1泊目の小樽のホテルとはまた違った良さがあり、うるさい妻も大満足な様子でした。

「ホテルマイステイズプレミアム札幌パーク」のレビューはこの記事で書いています。

ホテルにチェックインしたあと、一度温泉で癒されてから、今度は夜の札幌を探検しました。

テレビ塔で札幌の夜景を多角的にパシャリ

せっかくなので札幌の夜景を写真に納めたい、という事でホテルから出かけて行きました。

当初、私たちが目指していた夜景スポットは「藻岩山(もいわやま)観光道路展望駐車場」でした。

ここはロープウェイで登る夜景スポットではない方で、展望駐車場があってくるまで行ける方です。

そこには休憩室やレストランなどもあり、絶景を写真におさめられるので、妻や娘にも喜ばれると思ったからです。

しかし、いざ観光道路の入り口まで行くと「道路は4月26日まで閉鎖しています」との横断幕が掛かっているではありませんか・・

渋々断念して、結局さっぽろテレビ塔をに向いました。

東京タワーと同じくここの展望台に行くには、3階で展望台への入場チケットを買って、そこからエレベーターに乗って行きます。

エレベーターの中では、2人のエレベーターガールのお姉さんたちが案内してくれます。

展望台の入場券の料金です。

年齢 金額
大人 720円
高校生 600円
中学生 400円
小学生 300円
幼児(3歳以上) 100円

展望台へ上ると360℃、札幌の夜景が広がります。

札幌の町は明治になって本格的な開拓がなされ、京都の町を参考に作られたそうです。

なので街並みが、綺麗に碁盤の目のように整備されています。

それが夜景からも、解りますね。

また、テレビ塔展望台にはテレビ塔にちなんだグッズやお菓子、札幌土産が色々と売られていました。

さっぽろテレビ塔を終えると、近くにあったラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べて、ホテルに帰りました。

北海道滞在3日目

この日の朝食は、当初予定していなかったのですがホテルのバイキングにしました。

だんだん店を探すのが、疲れてきたのもありまして。

朝食を済ませると、札幌観光に出かけました。

クラーク博士の像 さっぽろ羊ヶ丘展望台

「少年よ大志を抱け」で有名な、クラーク博士の像が立つ、さっぽろ羊ヶ丘展望台へやってきました。

ここから一望できる景色は、限りなく広い大地を感じさせてくれます。

ここも、色々な施設が揃っています。

羊がいるハウスや、さっぽろ雪まつりの博物館など・・・

その他にも足湯やレストランなどがあり、特にレストランではジンギスカンの串焼きや濃厚なソフトクリームも絶品でした。

札幌で評判どころのラーメン屋さんで札幌ラーメン堪能

昨日の夜、念願の札幌ラーメンが食べたくて、ラーメン屋さんに入ったのですが、あまりにも短絡的に何も調べず、近くということで入ってしまいました。

でも、味は悪くはなかったのですが、せっかくなので美味しいと評判のお店に行きたい!!という事になりました。

調べていくと「すみれ」と「純連」が候補に上がりましたが、「すみれ」の方は神奈川にもオープンするみたいなので、北海道限定の「純連」に決めました。

このお店は、全国5万食のラーメンを食べてきたというラーメン評論家さんが、「日本一、いや世界一」と仰っていたそうで、期待が膨らみます。

これが、純連さんです。

時間は15:30くらいでしたが、約30分並んで席につきました。

行列客の会話から観光客だけでなく、地元のお客さんにも人気があるがよく解ります。

例のラーメン評論家さんに、「世界一」と言わせたのは辛味噌ラーメンだったようです。

私たちはノーマルの味噌味でなきゃ、本場の味がわからん!という事で、ノーマルの味噌ラーメンにしました。

チャーハンも美味しそうで、半チャーハンも注文しました。

スープの上にラードが乗る事によって、熱を閉じ込めるので熱々の温度が保たれます。

生姜の味がほのかに利いて、味を深めています。

麺は中太のちぢれ麵で、もちもちとしていました。

チャーハンは見ての通りの味で、濃いめの醤油味でこれも香ばしさがあり、美味しかったです。

帰りも便のあるので、これで札幌を離れて新千歳空港に向いました。

今回の旅行は楽しく、大満足でしたが今度はさっぽろ雪まつりの時に来たいと家族で話しています。

しかし、この旅行を家族3人で77,400円という格安で行けたんですが、格安旅行サイトのJトリップさんにも感謝です。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!