プロパンガスの値段は「高くてもしょうがない」と思っているなら調べてみるべきこと

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

ガス屋さんって左ウチワなんですか????

あるガス会社に勤める「Aさん」から聞いた事があります。

いや、全ての地域、全てのガス屋さんがそうではないでしょう。

でも転勤族だった私が、以前に住んでいた地域はそうだったみたいです。

あ、この記事で言う「ガス屋さん」とは、プロパンガスの会社で都市ガスではありません。

「Aさん」いわく、ガス屋さんのカルテルのような、料金の申し合わせがあったりするそうでした。

これから書く話は、今から15年くらい前の話です。

そのAさんは隣町から、その町へガスの営業に来ていたそうです。

隣街のA市は、私が住む街のC市よりもガス料金がメチャメチャ安いそうで、C市からの顧客争奪戦には、大きな勝算をもってやってきたそうです。

かなり暑い性格のAさんだったので、意気も盛んだったと思います。

ところが、日を追うごとにAさんは苛立ちと、愚痴、弱音を吐くようになっていきました。

とあるお店で接客をしていた私は、Aさんのそうした愚痴に、よく付き合わされたものです。

ガス会社同士の強烈な団結に、Aさん大苦戦

あくまでも、隣街のA市からC市に顧客獲得に来ていたガス会社営業のAさんの話です。

C市ではいくつかあるガス会社さん同士が、ガッチリ申し合わせをしていて、価格をある一定料金に設定していて、価格競争を避けていたそうです。

それぞれのガス会社が、価格競争を避けることで安定した利益を受け取ることができます。

しかも、営業活動やサービスの向上などの労力とコストも必要ありません。

まさに左ウチワですね。

そのことによって、顧客は本来なら受け取ることができるであろう、サービスと価格のメリットを受け取る機会を奪われています。

そんなC市のガス料金は、Aさんの本拠地A市に比べると、べらぼうに高い値段だそうです。

しかし、C市の住民はそんなことには疑問も持ちません。

それもそのはず、よそを知らないからです。

そんなC市にAさんは、妥当な値段を引っ下げて乗り込むのですが、それを「良し」としないのが、C市のガス会社カルテルです。

Aさんの会社には脅迫めいた、嫌がらせの電話が殺到したそうです。

そして、Aさんの会社名が書かれた営業車を運転していると、「降りろ!」と喧嘩を売られたり、いつの間にかギザジュウ攻撃を受けたりしたそうです。

15年も前の話ですので、細かい話は朧気なのですが、印象に残るエピソードを書くと上記のようなものでした。

その後の世の中の動きは、エコキュートやIHヒーターに代表されるように電力会社とのシェア争い、電力自由化による電力業界への参入など、大きく変わってきました。

だから、その時のような左ウチワとはいかなくなったかもしれません。

しかし、一度旨みを覚えた業者の中には、その後もそれまでの体質に甘んずるケースがあるかもしれません。

事実、ガス料金とは算出が難しく、自分が利用しているプロパンガス会社が高いのか、安いのか、というのは解りずらくなっています。

さらに、値上げもよくあることで、中には「不当な値上げ」も起こり得ます。

第三者によるチェックのもと、安心してガス会社を利用する方法

プロパンガスは高いというイメージがありすが、料金はガス会社によっても、また、同じガス会社でも契約世帯によっても違うと言います。

そうした事情から、第三者の会社がガス屋さんの料金を一括比較して紹介、さらに値上げがあると、不当値上げではないかチェックしてくれて、交渉までしてくれるサービスが人気を呼んでいます。

我が家はオール電化の為、ガス会社は契約していませんが、このような一括◯◯系の会社はよく利用します。

とても便利な世の中になりましたね。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!