ホンダ・フリードがディーラー下取り価格の倍で売れたよ

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

5年前に買った車の残価ローンが満期になって、買い換えるか乗り続けるかの選択をする時期になりました。

車はホンダのフリードです。

走行距離は5万キロ。

残価設定とは、あらかじめ〇〇年後に下取り出来る価格を差し引いた金額を、分割ローンにする分割払いです。

僕の車は買う時に、5年乗った時の下取り価格を70万と設定してました
新車価格がざっくり200万なので、ローンは200万から70万を引いた金額130万+諸費用を5年払いのローンにしてました。

ここで5年を迎えるので、今の車を予定通り70万で下取りしてもらい

① 新たに新しい車を買い換えるか?、

② 今の車を乗り続けて残りの70万をローンで払い続けるか?

の選択をするわけです。

しかし、よくよくディーラーに聞くと今の車にはバンパー、その他にもに傷があり、下取り価格は50万に値落ちするようなのです。

ってことは次の車に乗り換えても、値落ちした分の20万が上乗せされてしまいます。

だったら乗り換えないで、しばらくはこのフリードを乗り続けようかな・・

そう考えていました。

そんな時、事件が起きました。

この車を乗り付けない娘が自宅の車庫入れに失敗し、後ろに大きな傷を作ってしまったのです。

うわ!

この車に修理費をかけて、さらにローン残価の70万を払い続けるのが馬鹿らしい!

そう思ったんです。

勿論この状況で乗り換えた場合、下取り価格はもっと目減りするので、次の車への追加金額が膨らみます。

そんなピンチのとき、ある方法で、なんと下取り価格は100万円で売ることができたのです。

傷あり5年落ちのフリードを100万円で売れた方法

傷ありで5年乗って、走行距離が5万キロのフリードを100万円で下取りできたのは、ズバリ「一括査定サイト」を利用したからでした。

一括査定サイトを利用した

一括査定サイトや一括見積もりサイトは、今とても人気が集まっています。

基本、この手のサイトは無料が前提なので、使わない手はありません。

使ってみて思ったのは、「意外と電話してくる下取り会社さんが少ないな・・」ということ。

結局、電話してきた下取り会社は2社だけでした。

うちの1つの会社は動きが早く、見積もりサイトで「項目」を打ち込み送信したら、ものの数十分で電話をしてきました。

そして、その日の夕方には我家まで車を見に来てくれたんです。

下取り会社(中古車販売店)との商談の流れ

最初に電話があった下取り会社「B社」は中堅どころの、爽やかな営業マンでした。

約束の時間に家に到着すると、玄関前で簡単な挨拶を済ませ、車のチェックを始めました。

その時カギと車検証を預けました。

営業マン
査定額を出しますので、10分から15分くらい、家の中でお待ちください

というので、部屋で待っていました。

ちなみに営業マンには、フリードの残価設定のこと、諸事情を話しています。

10分後、査定額が出たというので、駐車場に向かいました。

営業マン
70万でどうでしょうか

70万で下取りとは、どういうことか。

これまでの予定通り、ディーラーで次の車を買うとしたらこうです。

◆当初のディーラーで下取り+買い替えの予定

1)残価設定が70万、傷などのマイナス見積もりで下取り価格は50万になるそう。
2)次の車に下取り50万をあて、マイナス見積もりの20万を次の車のローンに上乗せする
3)今回付けた後ろの傷で更に▲10万だとすると、次の車の代金は、車体価格+諸費用+20万円+10万(仮)

上記のようになるはずが、下取り会社に下取り価格70万円で下取りしてもらえば残価分の70万円が消えます。

なので次の車の代金は、車体価格+諸費用のみです。

今回、娘が付けてしまった傷も影響もなくです。

その話を聞いて、妻と相談していました。

すると、営業マンが切り出します。

営業マン
もし、次の車を当社で買っていただけるなら、下取り価格はここまで上げられます。

提示してきた金額は、90万でした。

◆下取りが90万になると

1)残価設定のローン残価70万円が払い終えられる
2)さらに次の車の頭金に、20万入れることができる

妻と私は、驚き悩みます。

実は我家はいつも、妻の知り合いのディーラーから買っていたので、次の車も当然のごとく、そこから買う予定だったんです。

凄い魅力的なんだけど、ちょっと知り合いのディーラーは裏切れないし・・

営業マンに、そうこぼしていました。

これは、駆け引きで言ったんじゃなく、本当にそうなんです。

すると営業マンは、また上司に電話をかけに行きました。

戻ると、こう提示して来ました。

営業マン
上司が100万で買い取ると言ってます
!!!

これはこういう意味になります。

● 下取り価格がディーラー50万の2倍、100万になる

● 次の車の購入代金に、頭金の30万まで出来た。
(残価設定のクレジットの残価が70万なので)

凄く悩みましたが、いくら下取りを高額にしてもらったところで、次の車の値段を吹っ掛けられてしまえば、元も子もありません。

なので後日この中古車販売店に出向き、次の車候補を探してみて話だけでも聞いてみよう、となりました。

次の車は日産のセレナを候補としました。

すると、新古車(未使用車)で、令和元年製で走行距離約5,000キロ、色はパール(ホワイト)の人気車が262万でありました。

※S-ハイブリットです。

ただ新古車は誰も所有してない分、ナビやオーディオはもちろん、床のマットやサンバイザーすら付いてません。

よって、それらのオプションを足して諸費用を合わせると、300万を少し超えるくらいになりました。

結局、妻は査定の価格条件やセレナを気に入ってしまい、ここの中古ショップで買うこととなりました。

いつもお世話になってるディーラーさんには、悪いなーと思うんですが

妻の知り合いということで、その妻がそうするなら僕が出る幕でもないかと・・

もしディーラーに任せて下取りしていたら

もしディーラーに任せていたら、下取り価格50万で買い取ってもらい、次の車をほぼ定価で買ってローンは足が出た分の20万上乗せです。

しかも直前に作ってしまった傷があるので、下取り価格は更に目減りしていたはずです。

そう考えると、やっぱり今回の判断の方が断然お得になります。

人付き合いはお金がかかると言うけど、本当ですね

とは言え知り合いのディーラーに黙って、他で買ってしまうのも気が引けます。

「もし、○○さんのところで、同じ条件にしてもらうならそこで買うんだけどできますか?」

と聞いてはみたんです。

答えは即答でした。

ディーラー
5年落ち、走行距離5万キロ、加えて車の状態+今回の傷で100万は無理!

そういう経緯もあって、今回は中古車販売店で買うことになりました。

他の中古車屋からのオファーは

B社から連絡があった翌日に、C社からも電話がありました。

電話で詳しく状況を伝えて、B社の査定額も伝えました。

C社の回答は「ウチでは、同じ条件だとしても90万が限度ですね」という事でした。

もしかしたら実際に見てもらえば、また違う金額が提示されるのかもしれない、とは思ったんですが・・

その後B社に行って条件が良い車を見せてもらって、実際に下取り価格を差し引いて、オプションを足したり引いたり・・

価格のシュミレーションをしていると、その気になってしまいます。

結局C社とはその後の交渉をやめて、B社が見せてくれたセレナで決めました。

ホンダ・フリードを高く売る事ができた一括査定とは

中古車一括査定サイトは、もちろん利用は無料です。

中古車査定は急いでいるユーザーが多く、業者のレスポンシブが早いと言われます。

今回、僕が利用したような一括見積サイトや、新しい形態とされるオークション方式の一括見積サイトを紹介します。

中古車一括査定サイト

中古車一括見積もりサイトとは、サイト上で車種や年式、走行距離、色、車検の時期や事故歴など入力して送信すると、無料で複数の会社から見積もりが提示される仕組みです。

中古車一括査定サイトのメリット

複数の中古車買い取り業者と交渉するので、話の持って行き方で下取り価格を上げていくことも可能です

最近ではこのような交渉が面倒だというニーズに応えて、一括見積もりサイトで入力した情報だけで、見積もり価格を告知するサービスもあります。

でも今回交渉してみて思うことは、このような業者は話の持って行き方で、最初の見積額からどんどん吊り上がる傾向にあります。

そういう意味では実際に、見てもらいながら交渉した方が良いと感じますが。

中古車一括最低サイトのデメリット

デメリットは、下取り業者から電話が沢山かかってくることでしょうか。

今回の僕のケースではたったの2社でしたが、一般的には5〜6社くらいが多いそうです。

しばらくは、複数の業者相手に交渉することになります。

交渉が苦手と言う人は、この下で紹介する「オークション方式の買い取りサイト」が良いかもしれません。

お薦めの一括査定サイト2選

▶▶▶ 楽天の愛車一括査定!
最大9社へ一括査定!査定依頼でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

▶▶▶ もう業者からの電話に悩まない!!
複数の事業者と納得行くまで検討したい方おススメ
<24時間365日スマホひとつで愛車を査定&売却>ウルモビ

1社だけとの交渉、オークション方式の買い取りサイト

オークション方式の買い取りサイトの流れはこうです。

◆オークション方式の買い取りサイト

1)車種や年式、走行距離、個人情報を入力、送信(パソコンかスマホ)
2)アポイント後、買い取りサイトの方が実際に車を査定(自宅か近くの提携店)
3)全国の中古車販売店が、入札してくれパソコン・スマホで入札価格が解る

基本やりとりする相手は、中古車販売店ではなく買い取りサイトの担当者です。

オークション方式の買い取りサイトのメリット

上記の流れから、こちらは複数の業者と交渉する必要はありません。

オークション買取サイトの方で、一番高額下取りの業者を洗い出してくれているので、交渉が苦手だという人にはとっても便利なシステムです。

一括見積サイトとは比較にならないほど、多くの中古車販売店の中から入札される。

● 中古車一括査定サイト
→ 平均して5~6社

● オークション方式の買い取りサイト
→ 全国数千社

オークション方式の買い取りサイトのデメリット

価格交渉の余地があまり残されていない、というのがデメリットになるでしょうか。

実際に複数の買い取り業者と会って、条件や他社の査定額を提示したりして、価格交渉をする点において、物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

でも、複数の業者と会っている時間が取れない、そもそも交渉が苦手だ、という人ににはうってつけのシステムです。

まとめ

今回、もし車に新たな傷を付けなければ、おそらく今のままフリードを乗り続けていたかもしれません。

もちろん新しい車が欲しいのは山々ですが、残価設定のクレジットで「下取り価格」が残価を下回るって時点で「損した」という気持ちが大きくなったからです。

そこに新しい傷ができてしまい、ダメもとで一括見積をしてみました。

するとあろうことか、残価以上の下取り価格を提示された時点で、次の車の頭金まで出来てしまったわけです。

「損」な気持ちが一転、「得」な気持ちになってしまいました。

結局、僕たちが買ったのは、令和1年製、走行距離5千キロの新古車、日産セレナです。

見積もる会社によって、こんなにも違う下取り査定額。

車買い替えの時には、便利なサイトを試す価値はあると思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!