【次亜塩素酸水精製器レビュー】ジアポケットの濃度(ppm)を測ってみた

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

以前、怪しげな「安もの」の次亜塩素酸水生成器に手を出して、痛い目にあった記事を書きました。

次亜塩酸素水生成器の安価品を買おうとしたけど、届かないんで返金してもらったよ
今回は、僕が体験したアマゾンの買い物で、騙された??ような感覚。 結局アマゾンの返金保証で、返金してもらった経験をお話ししたいと思いま...

その後、ちゃんとした日本製のものを買って、やっと届いたのでレビューしようと思います。

【次亜塩素酸水精製器レビュー】ジアポケットがやっと我が家に届いた!

新型コロナウィルスの影響で、アルコールやその他消毒液と同じく、ジアポケットも発注してから相当待つこととなりました。

ジアポケットとは、家庭にある「水」と「塩」だけで「次亜塩素酸水」を作る日本製の精製ボトルです。

僕が楽天市場でポチッたのは4月14日ですが、商品発送予定日は6月30日となっていました。

ポチッた日には、Amazonでは在庫がありませんでした。

どうやら売り切れてしまっていたようです

ということで、長く待たされましたが、ようやく自宅に届きました。

ジアポケットで次亜塩素酸水の作り方

ジアポケットは、自宅の水道水と食塩で「次亜塩素酸水」が作れるわけですが、まずジアポケットの箱の中身を見ていきます。

ジアポケット 箱の中身
➀ ベース (ボトルホルダー)
➁ 軽量スプーン (塩を計る)
➂ ACアダプターとUSBジャック
➃ 本体ボトルボトルとキャップ
➄ ジアソルト (ジアポケット用の塩)
➅ 説明書

ジアソルトは、無くなったら買い足せますが、家庭にある食塩でも大丈夫です!

では、ジアポケットで次亜塩素酸を作っていきます。

スプレーボトルに水を入れる

説明書によると水は水道水でも良いんですが、精製水の方がより良いらしく、安定するそうです。

安定というのは、次亜塩素酸水が化学反応を起こさず、しっかり特性をキープしてくれるという意味です。

次亜塩送水は不純物にくっつき易く

くっついた後は水となってしまう性質があるためです

なので今回は、ウォーターサーバーのRO水を入れてみました。

スプレーボトルに塩を入れる

ジアソルトを入れる場合、1回の生成に1包み入れます。

今回僕は家庭用の食塩を使ったので、軽量スプーンを使いました。

◆家庭用食塩を入れる時の量

1)粗い粒の塩の場合  軽量スプーン1杯

2)細かい粒の塩の場合 軽量スプーン7分目

我家の食塩は、サラサラと細かい粒だったので、軽量スプーン7分目の量を入れました。

そして、スプレーとキャップを強く締めて、よく上下に振って塩を溶かします。

ベースに立ててスイッチ 3分で出来上がり

ベース(ボトルホルダー)にUSBをつなぎ、コンセントとつなぎます。

スプレーボトルをベース(ボトルホルダー)に立てたら、「電源マーク」をタッチして電源をオンにします。

電源マークが青く点灯します。

すると、ボトルの中から幾つもの気泡が上がります。

3分後、電源マークの点灯が消えて、出来上がりです。

早速噴霧してみました

凄く細かい霧で噴霧されました

よく夏場のイベント会場である、上から降るミストみたいな感じです

ジアポケットのペーハー値(安全性)と濃度(ppm)を測ってみた

作り方は簡単で、家にあるもので手軽にできることが解りました。

でも肝心なのは、安全性効力です。

今回は、塩素濃度とアルカリ性、酸性を測るリトマス試験紙を用意しました。

◆リトマス試験紙で調べるもの

1)安全性  アルカリ性・酸性の度合いを調べる

2)効力   塩素濃度を調べる

ジアポケットの安全性

次亜塩素酸水は中性から弱酸性のものまでが、安全と言われています。

アルカリ性・酸性を表すのが、pH(ペーハー)です。

具体的には、下の表のとおりです。

ph6未満 酸性
ph6~8 中性
ph8~11 弱アルカリ性
ph11以上 強アルカリ性

アルカリ性であれば、あるほど有害です。

ジアポケットのペーハーは、5~6とされていますが、実際に測ってみました。

下の写真の右端に置いているのが、ペーハーを測るリトマス紙です。黄色い色をしています。

これをジアポケットで出来た次亜塩素酸水に付けると、左の表のどれかの色になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結果は「7」でした。

下の色見本と重なってるので、濃く見えますがまさに「7」の色でした

「7」ということは、中性ということになります。

ジアポケットは弱酸性の「5」から「6」という説明がネットでありましたが、実際のところ、中性の「7」です。

問題なく安全とみて良さそうです。

「次亜塩素酸ナトリウム」を使ってるハイターは「13」にもなります

ジアポケットの効力

次亜塩素酸水の効能については、厚生労働省とメーカーや科学者たちの意見の対立がなされていました。

しかし、このほど厚生労働省も次亜塩素酸水の効力について、認める発表をしました。

下の枠内の紋々は、厚生労働省のホームページのものです。ppmとは塩素濃度を表す単位です。

拭き掃除には、有効塩素濃度80ppm以上の次亜塩素酸水をたっぷり使い、消毒したいものの表面をヒタヒタに濡らした後、20秒以上おいてきれいな布やペーパーで拭き取ってください。

生成されたばかりの次亜塩素酸水を用いて消毒したいモノに流水掛け流しを行う場合、35ppm以上のものを使いましょう。20秒以上掛け流した後、きれいな布やペーパーで拭き取ってください。

厚生労働省ホームページより

次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めた場合は・・

という事も書いてありましたが、割愛しました。

次亜塩素酸ナトリウムは素人は扱わないほうが良いです。

失明や有毒ガスにやられる可能性があります

厚生労働省の紋々を一口に言うと・・・

次亜塩素酸水の使用には(塩素濃度)➀ 塩素濃度80ppmで20秒置くことで、効力を発揮する

➁ 生成されたばかりの次亜塩素酸水は35ppmで良い

ジアポケットは➁にあたるので、35ppm で良い

前置きが長くなりました。

使うのは下の写真のリトマス紙です。

これをジアポケットで作った次亜塩素酸水に浸けて、濃度を調べます。

すると結果は下の写真のように出ました。

この試験紙だと、50ppmまでしか測れません。

ジアポケットの説明をみると、ジアポケットで作る次亜塩素酸水は50~80ppmとされています

今回生成されたものは、50ppm以上なのは間違いないのですが、いったい何ppmなのか・・

そこで、この次亜塩素酸水を半分の濃度に水で割って測ってみました。

お米の計量カップでキッチリ半分に割りました

そして、出た結果が下の写真。

40ppmでした・・?

ちょっと・・

色から判断するしかなく、50ppmにも見えるので、また半分に割ってみました。

すると、今度はハッキリ20ppmと解る色になりました。

ということで。

半分に割ること2回目で、20ppmになったという事で、生成したばかりの次亜塩素酸水は80ppmということが解りました。

さっきの厚生労働省の見解によると、生成したばかりの次亜塩素酸水は35ppm以上で効力があるとされていました。

なので、ジアポケットで生成した次亜塩素酸水は、半分に薄めて使えば大丈夫ということになります。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新型コロナに罹らないために、絶対的な対策とは
新型コロナウィルスに罹らないために、絶対的な対策は「自分の手で目、鼻、口を触らない」ということ。 多くのお医者様が言っている通り、感染...
この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!