埼玉県小鹿野町の毘沙門水(びしゃもんすい)・秩父名物「豚みそ丼本舗」・「星音の湯」の日帰り温泉お出掛けレビュー

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

いつもの仲間、おじさんグループで秩父方面に出かけて来ました。

昼過ぎに秩父入りして、まずは腹ごしらえに何処で昼食を取るか模索した結果、ライダー界隈で有名なお店、「秩父名物豚みそ丼本舗 野さか」で豚みそ丼を食べることにしました。

ライダーたちの間で人気の店 秩父名物「豚みそ丼本舗」野さかさん レビュー

「野さか」さんの看板です。とてもインパクトがあるので直ぐに解ると思います。

bisyamonn1

bisyamonn2

土日だと行列が絶えないお店なのですが平日ということもあり、お昼時でしたが並ばずに店内に入ることができました。

店内はそれでも、大変な賑わいでした。

bisyamonn3

まず、食券を買って案内された席に座ります。

バラ肉とロースのみそ豚丼が選べます。

他にもいろいろと、メニューはありましたが、私はバラ肉のみそ豚丼大盛を頼みました。

値段は1,100円でしたが、並盛だと900円です。

混雑していた割には早く料理が運ばれて来ました。(約5~6分)

これが、豚みそ丼です。

bisyamonn4

ネギの「ネギだく」も別途料金で注文できます。

肉はいかにも炭火で焼いたのでしょう、香ばしくとても柔らかく厚みも丁度良く文句なしです。

味は香ばしい肉によく付け込まれたのが解る、味噌だれが染みわたってとっても美味しい味でした。

ご飯までそのタレはたっぷり染みわたり橋が止まりません。

一同大満足でした。

日本名水100選にもなった 小鹿野町の毘沙門(びしゃもん)水を汲みに

腹ごしらえを終えて向かったのは小鹿野町。

お目当ては、平成の名水百選の1つ「毘沙門水(びしゃもんすい)」を汲みに行くことでした。

毘沙門水とは白石山の麓、標高約700mのところに湧くミネラルとカルシウムが豊富な名水で中硬水です。

bisyamonn5

吸水所は地元の人が保全をしてくれているお陰で、清潔になっていました。

100円以上の寄付をお願いする箱がありました。

保全に必要なのでしょう、私たちも寄付を心ばかりさせて頂きました。

bisyamonn6

素人の食感ですが、中硬水を後で知りましたが皆一同「軟水」と思いました。

軟らかい感じがしましたので・・・

毘沙門様が見守る名水は渇水期も絶えることが無かった為、神の水とも呼ばれているそうです。

bisyamonn7

ありがたく、頂きそこを後にしました。

そこから、小鹿野の名所でもある「丸神の滝」を目指しましたが、滝に続くハイキングコースの入口に着くと門が閉ざされていましたので断念しました。

bisyamonn8

内心、私は良かったー!と思ったのですが、何せ周囲には「熊出没情報あり クマに注意」なる張り紙があちらこちらの貼られていましたから・・・・

日帰り温泉「星音の湯」でリラックス

小鹿野町からすぐ近く、秩父市の吉田という場所に移り今日の締め「星音の湯」に行きました。

bisyamonn9

まだ、新しい日帰り温泉施設で館内はとても清潔で目新しい感じです。

bisyamonn11

とても良心的なお値段です。

bisyamonn10

タオルの大・小は無料で貸し出してくれます。

屋内大浴場、露天風呂、水風呂、サウナなどの他、岩盤浴、溶岩浴、足湯などが完備されています。

露天風呂では温泉の湯と、そうでない湯がありました。

そしてライトを手動で付けたり消したりできるのですが、綺麗な星空を見る為に消せるようにしているそうです。

程よく空いていて、とてものんびりと癒されて最高の温泉でした。

まとめ

前回は秩父市大滝にある三峰神社などに足を運びした。

秩父三峰神社・梵の湯温泉レビュー

同じ奥秩父でも今回は小鹿野町でした。

車のすれ違いが厳しい道などが多かったのですが、大滝とはまた違った情景が目を楽しませてくれました。

帰りに小鹿野こいしという銘菓を家族に買って帰りました。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!