労働組合の大会に出席して思ったこと、やはり自分の身は自分でなんとかしなくてはいけない

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

会社の労働組合の大会に出席してきました。

毎度の事ながら、いつもの面々が集まるのですが会社の役職とは別に「組合」という全く別のピラミッドがそこでは形成されていて、人間模様を眺めていると面白いなー(^.^)

と微妙に楽しんでいます。

大会での話と言えば「世の中全体の将来的な不安」のような話と「ウチの会社の将来的な不安」の話、そして「会社はこうあるべき」という話とその為に「組合としてこんな活動をしてきて、これからもしていく」のような話で終始した感じでした。

結局は何も変わらないであろう、いや少しは前進するのかもしれないけどこのまま組合に自分の将来を依存してはいけないのだ。

組合の役員や執行部の面々は、皆キレ者揃いで意見や提案は自分には思いもつかない画期的なものばかりなのになかなか前に進まない団交。

やっぱり自分の身は自分で守らなければならないのだ。

大会で聞いてきた世の中全体の将来的な不安

今の自分の心境では、「ウチの会社の将来的な不安」よりも「世の中全体の将来的な不安」の方が断然気になる案件です。

まぁ、ニュースや新聞などを見ていればチョクチョク言われている事だけど改めて突き付けられると結構不安になります。

先ず、日本の資源エネルギー、食料問題、大部分を海外輸入に依存している中、将来も今まで通り安定的に供給されるのか何も補償はない。

安定供給が難しくなると当然今の常識では考えられないような価格の高騰がおこります。

次に経済格差、貧困の拡大、超高齢化社会による経済弱者の問題と社会保障の不透明さの不安。

特に高齢化率は2060年には65歳以上の高齢者は40%にもなるそうで、世界でも前代未聞の社会になるそうです。

そうした中、年金の不安定さや老後の暮らしはもう考えるのも嫌になるくらいです。

未来のことは誰にも解らないです。

でも、確実な事はそれでも生きて生活を送らなければならないこと。

老後の心配は医療や介護のこともあるし、その上にかぶせてお金の心配が重くのしかかってくる・・

収入は1つより2つ以上が望ましい

今の我が家の収入源は会社から頂くお給料と妻のパート収入です。

しかし、長く見ても給料所得を得られるのは65歳、その後はシルバー人材ビジネスなどに登録して70歳まで。

しかし、その後も我が家は住宅ローンの完済までが5年もあります。(;´д`)トホホ

そうなると、今のうちにもう一つの収入源を開拓しなければなりません。

もう一つの収入源とは何か・・・

いろいろとあるとは思いますが、肉体の衰えや万が一の身体的な障害を考えると肉体を酷使するような仕事ではなく、別のスキルを身に付けることが望ましいです。

もし、資金があるのならお店や賃貸住宅などのオーナーになってもいいですが、私の場合すれはムリです。

やはり何かネットを使った収入になるでしょう。

今人気のFXや株式は私的にはバクチというか、他力本願的要素があって危険を感じてしまう。

そこでやっぱり思い浮かぶのはこういったブログをはじめサイトを活かした収入になるのかな・・

なんか見様見真似でヌル~くやっていたネットスキルのお勉強ごっこのような事。

自分の甘さを反省しつつ、稼ぐって難しいなと途方にくれるのです。

世の中にはネットビジネスで数百万の月収を生みだしている方々いる。

でもその方々でも5万、10万の月収を稼ぎ出すことの難しさについて語る記事を時々アップしています。

このような凄い方たちの姿勢を見習うところから再スタートしてみようと決意した1日でした。

そして前に読んだ本「史上最高のセミナー」でジム・ローンが言っていた言葉を思い出しました。

「規律は軽く、後悔は重い」自分に課した規律をこなす事の方が、後に後悔する事よりも軽いという言葉だったような・・・

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!