新型コロナウィルス問題で、日本の危機管理能力の低さを露呈してしまった件

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

豪華客船ダイヤモンドプリンセス号では感染者600人を超え、日本政府の対応に不信感を抱いた世界各国からは、自国民を救出しようとチャーター便を日本に向けました。

この記事を書いている2月21日の前日には、ダイヤモンドプリンセス号を下船した80歳代の乗客が2人お亡くなりになりました。

人生の終盤に、どんな想いでこの船に乗り込んだのか・・

そんなことを考えると、お気の毒でなりません。

日本政府の対応には、今後も船内の対応や死者が出てしまったことへの責任追及が始まるのでしょう。

しかし、「今はそれをやっている時なのか?」というのが私の思いです。

当初から日本政府の消極的対応に疑問の声多く

今回のウィルス騒動が起こると、武漢から日本人の帰国に向けて政府はいち早く動き出し、チャーター便を飛ばしました。

そこまでは良かったんですが、あろうことか検査を拒否した2人を、みすみすと帰宅させてしまった事件がおこりました。

政府の見解では、「拒否された時点で、法的に強制執行力はないので家まで車で送った」とのことでした。

ネット上ではこの対応に、政府への批判が多く上がりました。

ダイヤモンドプリンセス号でも、もっと政府が強制力を使ってリーダーシップをとっても良かったのではないでしょうか。

現場の医師やスタッフの判断を尊重するというだけで、政府主導の動きがあまり見られなかったように思えます。

医師は別として、船のスタッフはウィルス感染には素人の人たちです。

千葉のホテル三日月の例のように、政府主導でホテルなのか国保有の官舎なのか、どこか施設を借り切り分散隔離させることはできなかったのでしょうか。

ホテル三日月は高級なリゾートホテルですが、ビジネスホテルや何かの研修施設でも良いかもしれません。

ただ検査キッドが不足していたことと、一度に3千人の検閲という前例がない大仕事だったのは間違いありません。

現場では相当な混乱があったことと思います。

ただ、「この船のことは誰が責任者でリーダーシップをとるか」というのが明確ではなかったのではないかと推測します。

みなが自分の持ち場の仕事をこなしている状況で、強力に取り仕切る人が誰なのか曖昧だったんではないかと。

多分、だれも責任取りたくなかったのかな。

一方で中国政府は、中国国民の団体での海外渡航を禁止しました。

もし、この措置がなかったとして、相変わらず中国人団体観光客が日本に押し寄せていたとしたら、今の政府は入国拒否ができたでしょうか。

今の官僚は訴訟を恐れる傾向にあると、橋本元大阪府知事がテレビで仰っていたのが印象的です。

野党の茶番がさらに加速する心配

ダイヤモンドプリンセス号の下船者から死者が出たことで、責任追及の名のもとに野党が今後ますます政府を責め立てることでしょう。

しかし今そのようなことで、国会の貴重な時間を使うべきなのかというと、かなり疑問に感じます。

今は与野党が一体となって、国内に蔓延していまうかもしれないコロナウィルスの対策をとるべきではないでしょうか。

3.11震災のとき、与党であった民主党政権の妨害をしないよう、野党であった自民党は協力姿勢を見せました。

足元をすくっている場合でない、ということでした。

しかし「維新の会」以外の今の野党は、本当に国を良くしようと考えているのかがかなり疑問な人たちばかりです。

今、政権をたたいて政権が転覆したとして、では国民はどこに頼れば良いのでしょうか。

野党からしてみれば、桜の会以外に大きな責めどころができて、チャンス到来としか思ってないのではないか?とまで疑いたくなります。

責任の追及は、後でもできます。

しかしウィルスは待ってはくれません。

私たちができるコロナウィルスの対策は?

政府も野党も官僚もあてにならないこの国では、私たちが自己防衛していかなければなりません。

私たちができることは何でしょうか?

巷ではマスクが品切れでなかなか手に入らないようですが、マスクは正直、あまり意味がないようです。

PM2.5対応のマスクは、2.5マイクロメートルの粒を通さないわけですが、ウィルスの大きさは0.3マイクロメートル以下ですから、余裕でマスクの網目は潜り抜けていきます。

それでも、マスク内は温度が暖められているので、ウィルスが活発化しにくい環境になるとは言われています。

今回の新型コロナウィルスは中国政府の発表では、最長で20程度生き延びるという話があります。

部屋に帰って急いで手を洗っても、洋服にウィルスが付着していてはそれも危険です。

殺菌力のある空気清浄機を部屋に備えることも、必要になってくるかもしれません。

次亜塩素酸水という医療施設でも使用されている除菌成分を用いた空気清浄機がおすすめなところです。次亜塩素酸水をスプレー容器に移して使えるので、玄関で手や洋服に吹きかけて使うこともできるようです。



うがいはあまり意味がないと言われることがありますが、真相のところは解りませんがやっても損しないならやった方が良いと思ってます。

特に私は昔から、インフルエンザの季節になると鼻から吸って、鼻から吐き出す「鼻うがい」をしています。

昔テレビで観て、やりだした方法です。

あとは可能な限り身の回りに、アルコールシートやスプレーを持っておくことでしょうか。

致死率は低いといっても、感染力が異様に高い今回の新型コロナウィルスの特徴です。

人が集まるスポットへ出かけることを、極力避けることも大切なことですね。

まとめ

政府にも責任はあるにせよ、私は野党の姿勢にかなり問題を感じます。

すこし前にテレビやネットを賑わせた、安倍総理の「意味のない質問だ」問題。

私はこの問題に関して言えば、安倍さんの言う通り、意味のない質問で国会の大事な時間をつぶしている辻本議員がバカげていると思います。

今は高い税金もらっているお国側の人たちが一丸となって、国難を乗り切らないと人名も経済も信用も失ってしまうように思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【手指消毒にアルコール消毒液の代用品】ウィルス対策にこの2選
今や新型コロナウィルスで、巷はちょっとしたパニックに陥っていますよね。 ドラッグストアーに行ってもマスクはおろか、アルコール消毒グッズ...

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!