【ウォーキングが続かない人へ】習慣化へのヒント

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

ウォーキングは心も身体も健康になれて、ダイエット効果も期待できる、とても良い習慣です。

しかも、大した苦労もなく、お金もかからない最高の運動です!

でも特にダイエットが目的なら、ある程度の継続が必要となります。

今回は継続ができない人向けに、ヒントとなる事をまとめました。

この記事を書いている僕は、約2年間休まずウォーキングを習慣にして、約10㎏減量しました。

ウォーキングが続かない人は継続できる人とここが違う

ウォーキングの場合、継続するために必要なスキルってなんでしょうか。

頭脳でしょうか?

体力でしょうか?

答えはメンタルにありますよね。

つまり「続けたくなる」「やらざるを得ない」っていうメンタル状態にすることです。

継続できる人は、そこのコントロールが上手いのかもしれません。

でもこんな事が解っています。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで、習慣化にするまでの「人の行動」を研究したことがありました。

96人の被験者が、「食後に水を飲む」とか「読書」「瞑想」「毎朝フルーツを食べる」など様々なことを習慣化のテーマにしました。

その中で一番習慣化に時間がかかったのが「運動系」だったそうです。

運動系は、習慣化しにくいんです。

ぶっちゃけ面倒ですよ。

なんで、1度や2度の挫折なんて、気にすることじゃありません。

行動学的に見れば、ウォーキングの挫折なんて当たり前の域です。

だからメンタルがもたないことを前提に、工夫をすれば良いんです。

目標と成果を確認する

ウォーキングの目的は、人それぞれです。

僕のように「ダイエット」もあれば「心のリフレッシュ」「体力増強」夫婦で行なう「コミニケーション」などなど。

僕がここで言えるのは、僕の体験だけ。

なのでここでは「ダイエット」が目的の場合に絞らせて頂きます。

ダイエットが目的なので、数値化できる目標を決めます。

目標は体重でも良いし、ウェストサイズでも良いです。

また「いついつまでに」と期限を区切らないことがコツです。

期限を設けると、予定してた推移になってないと焦りが出ます。

すると無理しようとしてしまうからです。

無理は長くは続きません。

そして定期的に体重計に乗るとか、ウェストサイズを計るなどして、その成果をメモなり表につけていくことです。

定期的に、とは毎日でもいいし、3日おきでもいいです。

成果はダウンもすればアップもするので、その度に一喜一憂しないでください。

あくまでも、長いスパンで見ていきます。

ちなみに、痩せていく箇所は先に顏に出る人が多いです。

意外とウェストはかなり後で出始めますから、体重が目安としてはおすすめです。

成果の歴史が貯まると、気持ちに良い刺激になります。

ちなみに、体力増強が目的なら週一回、「いつも息切れしてた、あの長い階段を登って違いを感じてみる」でも良いです。

またコミニケーションが目的なら、「意識して相手との空気感やフィーリングを気にしてみる」とかになるでしょうか。

休みの日は「時間が無制限にある」と思わない

僕の場合ですが、朝に歩くようにしてます。

朝って忙しいですよね。

そこにウォーキングの為の30分をはめ込んだんです。

朝は忙しいので、行動がルーティン化している人は多いと思います。

なのでウォーキングの時間が決まると、もうダラダラ考えてる暇はありません。

ウォーキングもルーティンの一部に組み込まれますから、それほど苦になることなくできやすいです。

問題は休みの日です。

休みは気持ちもダラダラしがち。

朝起きて「別に今でなくても、今日は夕方に歩こうかな…」なんて考えが頭によぎります。

これは悪魔の自分からの、トラップです!

引っかかってはいけません。

夕方には更なる「鬱陶しさ」が襲ってきます!

いつもと違う行動が、腰を重くするのです。

もちろん、朝は雨だけど夕方には晴れる、なんて予報であれば別ですが。

やっぱりいつも通りの時間にするのが、一番やり易いし気持ちも良いものです。

ウォーキングが続かない人がやると良い5つの方法

次は僕がやってきた、継続と習慣化するための方法を紹介します。

公言する

これはある意味、誰かに宣言して、後には引けない状態に追い込むわけです。

もしも「自分は飽きっぽい性格だ」と思っているなら、身近に宣言しても余り効果はないです。

身近な人であればあるほど、見抜かれていますから。

往々にして「見抜かれてる」ことは自覚してますので、そこに甘えが出てしまいます。

勇気はいるかもですが、「自分を信頼してる人」とか「まだ良く自分を知らない人」の方が良いです。

また、毎日歩いていると同じ顔の「通りかかりさん」ができるものです。

その人に一言挨拶するとか、シャイな人ならちょっと会釈するだけでもいいですが、顔見知りになる事です。

僕もそういう人がいて、結構声を掛けて来てくれます。

こっちは歩いているんで短い会話になりますが、こんなことも公言と同様の効果があります。

生活パターンを大きく変えすぎない

普段の生活のある時間帯に、ウォーキングを組み込ませることになるんですが、どこかに大きな歪みが来ないように心がけます。

僕は前述したように、朝の時間帯にウォーキングの時間を当て込みました。

たったの30分なんですが、本当にダイエットを追求するなら60分の方が効果は期待できました。

時間を大きく割けば、当然どこかにシワ寄せがきます。

僕の場合、朝なのでシワ寄せは睡眠時間です。

そんなの本気だったら、根性で乗り切れるでしょ!

そうなんですが・・

それより忙しい朝なので、継続できるか自分でも疑わしかったので、無理な頑張りになるのを避けたかったんです。

継続だけは、させたかったので。

それから、ある程度習慣化したあと60分にしたこともあったんですが、仕事の勤務状態が変わり早出をするようになったんで、また30分に戻しました。

こんな感じで、臨機応変にやってます。

サボった自分を責めない

サボってしまったとしたら、その時自分を責めないことです。

また「サボりたい」の衝動に駆られた自分もです。

責めてる暇があったら、とにかく早く着替えること。

着替えても衝動が治まらなかったら、シューズを履いて外に出ること。

それでも治まらないなら、歩きながら考えれば良いんです。

「今日はだるいし、どうしようかな~」と…

人は感情が先行すると、ろくな事がありません。

感情抜きに行動する術を身につけると、それはそれで財産になります。

話を戻しますが、「自分を責めない」は食事制限系のダイエットでも良く言われることです。

「食べてしまった自分を責めない」のは、継続のために必要な許しと言います。

「自責の念」は「出来ない自分」を作り出してしまうことがありますので。

自分ルールを設ける

「サボる」のと「今日はやらない」を混同しないことです。

明確に分けるのです。

そのためには「自分ルール」を予め設けることです。

「雨の日はやらない」

「早朝会議がある日はやらない」

「遠出の出張がある日はやらない」

とか、予めルールを決めておけば割り切りができ、罪悪感もありません。

ウォーキングの友をつくる

1番は一緒に歩く人がいればいいんですが、なかなか毎日、同じ時間に身体を空けてくれる人は見つかりにくいです。

「ウォーキングの友」は、なにも人でなくてもOKなんです。

って、ワンちゃんじゃないですよ!

僕はよく妻に「今日は犬の散歩行ったから、良いんじゃないの?」って不思議なこと言われますけど…

では何かと言うと、アプリとオーディオブックです。

これらは、他の記事でも紹介してるんですが最強です!

ランニング計測アプリ

1つは無料の「ランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ」です。

これをスマホにダウンロードして、ポケットに入れて歩くだけです。

消費カロリーや距離、コースなどを残すことができます。

adidas Running GPSランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ

adidas Running GPSランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ

runtastic無料posted withアプリーチ

オーディオブック

これはウォーキングのお友として、めっちや都合良いんです。

イヤホンをはめると、音楽はやっぱり危険です。

じゃ、ラジオは?

ラジオも音楽が流れます。

YouTubeは?

聞くだけなら良いんじゃないの?

これも試しましたが、広告がストレスですし、歩いているとスキップ操作も面倒です。

結局僕が落ち着いたのは、オーディオブックです。

お勧めはAmazonが運営する「オーディブル」ですが、詳しくはこちらの記事にも書いています。

【オーディブル】Amazonのオーディオブックがやっぱりお得
オーディブルとは、大手通販サイトのAmazonが運営するオーディオブックです。 オーディオブックとは、プロのナレーターが臨場感...

1ヶ月なら、無料で聴けるキャンペーンをやっているので試してみてはどうでしょう。

まとめ

僕は今、外で歩くウォーキングと、屋内のランニングマシーンを両用してます。

冬と雨の日はもっぱらランニングマシーンですが、やっぱり外は気持ち良いです。

ウォーキングをしていると、春と夏はウォーキングする人が目に見えて増えてきます。

でも冬になるとメッキリ歩く人が少なくなるんですが、それで良いと思います。

実は僕は2月の極寒の日、ウオーキング中に心臓がおかしくなりました。

そして狭心症で、救急搬送されてしまったんです。

継続も大事ですが、”自分ルール”の中に、「冬はしない」というのも取り入れても良いと思います。

健康を損ねてしまっては、元も子もありません。

また、どうしても冬も続けたいというなら、僕もそうですが、ランニングマシーンを揃えても良いかもです。

ダイエットだけで言えば、効率はマシーンの方が断然良いです。

この話もこちらに書いてますので、参考にしてください。

ウォーキングで減量するならランニングマシンの方が絶対良い理由
「ウォーキングするなら、外で風に吹かれながら気持ちよくウォーキングするのと、室内でランニングマシンの上でウォーキングするのとどっちが良いでし...

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【ウォーキング1ヶ月レビュー】食事制限なしで毎朝30分
身長が171cmで、体重が80kg前後をウロチョロしてる、ポッチャリな僕です。 毎年のことですが、夏に向って4...

あと、何もウォーキングだけが、気楽にできる運動ではないと思います。

今流行りのオンライン・ヨガも、好きな時間に自宅でできてしまうので、オススメです。

ここは5分からできて、月980円ですから人気も急上昇中だそうです。

ここのオンライン・ヨガはホームページを見ると「女性限定」とありますが、最近では男性会員も増えてるとのことです。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!