インターネットの活用でお店の可能性をガラリと変えた60歳父の話

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

「日本のリテール企業の多くは海外企業に比べてネットとの融合が遅れています。」とは中央大学、ビジネススクール教授の中村氏の話です。

(引用元 https://wisdom.nec.com/ja/business/2018021401/index.html )

話を砕いて言い換えると、「日本の個人のお店や、中小の会社は外国とくらべて、インターネットの集客を活用してない」と言っています。

あるテレビ番組で観たのですが、千葉県の田舎でパンの移動販売をしている方の話です。

商売が芳しくなく、落ち込んだ時に救ってくれたのはSNSだったそうです。

インターネットによって、普通では結ばれない縁が結ばれたり、届かない情報が届いたり、可能性は大きく広がるんですね。

私が経験した、実家が営んでいたお店の売り上げが、インターネット活用で、V字回復をしたお話しをさせて頂きたいと思います。

店を畳む準備として始めたホームページ

私の父は中古レコードショップを営み、母は自宅兼店舗で美容室を営んでいました。

母の美容室は顧客が多く、毎日賑わっていました。

父の中古レコードショップも往年は、インディーズブームやヘビメタ、パンクロックをはじめとするバンドブームに押されて繁盛したものです。

DJ・オ◯マさんも、デビュー前からよく来店していたそうです。

しかし、段々とそのブームは去り、CDが主役になるとレコードはソフト面だけでなく、レコードプレイヤーというハード面でも姿をけしていきました。

店は当然、中古のCDを扱うようになりましたが、以前の勢いを取り戻すことはありませんでした。

それでも、私たち子供も巣立ち、隠居商売だった父のレコードショップは家賃を支払いながら、細々と営業していました。

しかし、ある年に店舗を借りていたオーナーさんから、翌年からの家賃の値上げを言い渡されます。

それを期に、父は店を畳む決断をしたのでした。

そこで、頭を抱えたのがレコードやCDの在庫の山です。

それを何とかするために、長男である私は父の店のホームページを立ち上げるのでした。

それが、今から約20年前のことです。

あるアーティストや、レコード名で検索をしてくれた人が、実家の中古レコードショップのホームページに辿り着き、目当てのレコードやCDを買ってくれるという流れが出来上がっていきました。

すると、ホームページからの売り上げがどんどん右上がりになり、お店での売り上げを含めると最盛期とは言いませんが、かなりの上々な売り上げに回復していきました。

父はそれで、なおさら店を畳む意思を固めたようでした。

家賃を払って店舗を構えなくても、全国、たまには海外からも注文が入るインターネットの魅力に気付いてしまったようでした。

そして、父は独学でヤフオクを覚え、ホームページと平行にネットオークションでも商売をしていました。

その時の父は60歳を過ぎていました。

父いわく、店に来るお客は、中古レコードに詳しい人、マニアが多くいたそうですが、インターネットは全く違う客層で、売れ方も売れ筋も全く違うとの話でした。

翌年、父は本当に店を畳みました。

しかし、今度は自宅で悠々とネットオークション、ホームページ通販、ついでに覚えたネット競馬(A-PAT)やFXなども始めたようです。

中古レコードという限られた、ターゲット層相手の商売だけに、世界に、全国に視野を広げてできるインターネットビジネスは凄いと思いましたね。

今は、管理やメンテナンスが大変だからと、ホームページも畳みオークションだけで、小遣い稼ぎ程度の余力でやっています。

一度、インターネットの力を試してみたいと思っている、個人商店主などがこの記事をみましたら、経費を変えずに行えるWEB集客0円【エキテン】さんがとっかかり易いと思います。

もしかしたら、もしかするかもしれません。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!