パソコンの中のデーターをラインで誰かに転送する方法

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

中学3年生の娘から、「デジカメで撮った、修学旅行の写真を皆にラインで送りたい」と頼まれました。

その数、なんと500枚超えです。

以前紹介したように、ドロップボックスでパソコンとスマホを共有させる方法もありますが・・

今回はより手っ取り早く、直接ラインで共有させました。

それは、パソコンにラインアプリをダウンロードして、パソコン版ラインから直接「アルバム」で目的の人に配布する方法です。

ラインをパソコンにダウンロード・ログインする

パソコン版ラインは、今回のようにパソコン上のデーターを誰かのスマホに送るにも、ラインの長文を打つにも、とても便利です。

まず、ここからパソコン版ラインをダウンロードします。

Windows版とMac版があります。

マッキントッシュの人は、解りづらいですが、下図のアイコンからダウンロードします。

あとは、画面の指示に従ってインストールします。

するとデスクトップ画面に、おなじみのラインアイコンが現れました!

インストールが終わったら、パソコンからラインにログインします。

メールアドレスとパスワード、もしくは電話番号かQRコードでもできるようです。

もし、ログインができない人は、スマホのラインの設定を確認してみてください。

風車マークの「設定」⇒「アカウント」と開いて、下図のように「ログイン許可」がオンになっていなければ、パソコンからのログインができないようになっています。

パソコン版ラインで、アルバムを送る

ラインのアイコンを開いてみると、このようになっています。

ここから、個人にもグループにもトークができるし、単発の画像、動画データを送る事ができます。

今回のような、500枚を超える大量の画像はやはり、アルバムを使います。

アルバムを使用するには、画面右上のアイコンをクリックします。

すると、別枠のウィンドーが出てくるので、アルバムを選択します。

アルバムを選択して、アルバム名を入れたら「+」キーを押します。

するとパソコン内のファイルを選択できる、ポップアップウィンドーが現れるので、そこから目当ての写真を選択していきます。

あとはスマホと同じ要領で、操作します。

まとめ

パソコン用ラインはその都度、ログインすることになるのですが、パソコンを家族で共有している場合、ラインを覗かれる恐れもありますので、注意してください。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!