ホンマでっか!?TVで大反響 視力が良くなるかもしれないトレーニング法とは

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

2019年6月19日のフジテレビ、関西テレビ系列の「ホンマでっか!?TV」の中のコーナー、「結果にコミット!ホンマでっか!?実験室」で凄いことがおきました。

視力の弱い芸能人3人を実験対象に、3人の評論家が「こうすれば、視力が上がるかもしれない」という仮説をもとに、トレーニングを1週間続けてみるという実験が行われました。

その結果が凄かったです。

それぞれの内容を紹介します。

よゐこ濱口はキャッチボールで視力アップに挑戦

骨格筋評論家の岡田隆先生いわく、本来眼のピントは毛様体筋が働いて、レンズの役目である水晶体を厚くしたり薄くしたりすることで、ピントを調節できます。

その水晶体を厚くしたり薄くしたりするコントロール機能が衰えると、ピントが合わなくなってくると言います。

そのため毛様体筋を鍛える、というアプロ―チで視力を上げようというものです。

キャッチボールという行為はボールを目で追うので、おのずと近くを見たり遠くを見たりを繰り返します。

この目の動きにより毛様筋が鍛えられて、視力の回復が見込まれるという仮説を立てました。

しかし、このトレーニングを1週間行って、わずかに左目だけが上がりましたが今一つと言わざるを得ない結果となりまいた。

よゐこの濱口は野球経験がなく、キャッチボールがあまりスムーズに出来ていなかったので、キャッチボールを上手くできる人が実験に挑めば、違う結果になったかもしれないなぁ~と思いました。

とにかくよゐこ濱口は、3人の被験者の中では最下位のアップ率で終わりました。

以下の表がトレーニングをする前と、後での視力の比較です。

よゐこ 濱口
トレーニング前 0.3 0.2
トレーニング後 0.3 0.3

加藤諒は緑のサングラスを掛けながらランニング

これは独特のキャラでお茶の間で人気の脳科学評論家、澤口俊之先生が立てた仮説と、トレーニング法です。

澤口俊之先生によると、毎日20分の有酸素運動をすると脳の一部が大きくなり、その中で視覚野も大きくなるそうです。

なので有酸素運動をすることで頭も良くなり、ついでに視力も上がるというのです。

さらに緑色は網膜系に良いと言われていて、おそらく視力があがるであろうという考えです。

あくまでも、澤口先生の個人的な仮説という事でした。

つまり、トレーニング法は緑のサングラスをかけて、20分間の軽いランニングをするというものです。

本当に、こんなんで視力があがるん???と思うところです。

しかし!!この実験結果が驚愕でした。

なんと加藤諒さんは、驚くほどに視力がアップしたのです。

結果は下の表の通りです。

加藤 諒
トレーニング前 0.04 0.04
トレーニング後 0.07 0.07

ただ、難点は緑のサングラスってどこで売っているのか・・

いとう まい子は、ペンの抜き刺し運動

今度は、眼評論家の林田康隆先生の提唱するトレーニング法です。

今やスマホの時代が定着し、知らず知らずに手元を見る習慣がついてしまっています。

するといつも同じ距離の画面を見ることになるので、ピントが固まった状態、しかも視線を動かさない機会が増えています。

これが、眼のピント合わせの力を弱めてしまい老眼と似たような症状に陥る人が増えているそうです。

「スマホ老眼」という言葉まであるくらいに、年代を問わず「全年齢」と通じて、ピントの調節障害を起こしていると言います。

そこで林田先生のトレーニング法は、次の通りです。

◆ペン指し運動のトレーニング法

① 左手でキャップを持ち、肘を軽く曲げる。右手でペンを持ちまっすぐ外に出す。

② 顔を動かさずにペン先にピントを合わせ、目で追いながらゆっくり動かしてペンをキャップにさす。

③ これを1日20回、ゆっくり行う。

いとうまい子さんは、1週間のトレーニング中も「本当にこんなんで視力が上がるとは思えない」と疑いの言葉を何度も口に出していました。

しかし、これが今回最高のスコアーを叩き出しました。

いとう まい子
トレーニング前 0.02 0.02
トレーニング後 0.08 0.09

凄いですね、アプローチは「よゐこ 濱口」と似ていると思います。

しかし、いとうまい子さんの場合は効果覿面でした。

まとめ

今回は大なり小なりありますが、3人が3人とも視力がアップするという結果になりました。

ただ、それぞれのトレーニング効果には個人差があり、必ず上がるというものではありません。

いとうまい子さんの「ペンの抜き差し」くらいでしたら、チョイの間にも出来そうですね。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!