FX取引は手っ取り早く稼げることは確か、でも継続して稼ぎ続けることが難しい手段 ①

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!



かつて私は数年のあいだFXトレードを行っていました。

今は訳あって休業中です。

小遣い稼ぎですから「業」でなくて「遊」でした、休遊中です。

最初は妻の知らないお金(へそくり)を約10万つぎ込んではじめました。

その前は株取引も「現物」で行っていました。

ここでは今、流行に乗って「FXトレード」をはじめてみようかな?と思っているかた向けに記事を書いていきます。

また、FX取引の始め方やルールなどは専門サイトで星の数ほど紹介されていますので、ここでは私がFXの魅力を理解しつつも身を引いた経緯を記していきたいと思います。

FXを始めたきっかけ

私はそれまで、現物の株取引を行っていました。

それも、お小遣い稼ぎ程度の自分のヘソクリをつぎ込んで行っていました。

当時、おいしいとされていた中国企業の株も買ったりしていました。

株取引の「現物取引」と「信用取引」とは

現在、1,000円の株があったとして、それを「現物取引」なら1,000円で買い、値上がりしたら自分の好きなタイミングで売る事ができます。買うときは1,000円の株を10株なら10,000円のお金を払って買います。

それが、「信用取引」ですと、1,000円の株を1,000株=100万円を100万円払わずに買えます。

それは6ヶ月後に1,200円に値上がるとの予測のもとに買うわけです。

予測通り1,200円になれば20万円の利益が出て、そこから証券会社に手数料や利息を差し引かれて手元に利益が残ります。

また、「信用取引」は株を持ってなくても先に「値下がりする」の予測のもと「売り」から入る「空売り」をすることもできます。

しかし、先物株取引の怖いところは、それらの予測が外れた時には、出してしまった「損失」と「利息」を支払わなければなりません

「株で財産を失った」なんて体験談を聞くことがありますが、「信用株取引」はお金を借りて自分の力量以上のお金をルーレットにかけてしまうようなものなのです。

FXは同じようにレバレッジを利かして手元の少額のお金で大金を動かすのですが、基本的に口座に預けたお金(証拠金)以上の損失は出ません

損失をしても「ここまで」という自己制限がかけられます。

ですので、私がやっていた「現物株取引」並みのリスクで「信用株取引」並みの大きな利益(リターン)が見込まれます。

もし、損が出てもつぎ込んだお金以上の損が発生しないので借金をつくることもないです。

それと現物の株取引は「買ったら寝かせて待て」というくらい気長に行うのが一般的です。

つまりFXは・・・

少ないお金で大きな取引が出来て

損はつぎ込んだお金のみ(損失のコントロールができる)

動きが激しく1日で大きな利益を生むことは珍しくない

土日以外は24時間取引を行える

という理由からFXにのめり込んでいきました。

私はスタートに証拠金を12万円を投じました。

それが、1年しないで35万を超えていました。

一晩で4万以上も稼いだこともあります。

これは、証拠金が少ない私のようなケースでは大きな儲けですが、逆目だったら・・・リスキーな話です。

FXは技術や情報も必要かもしれないけどメンタルが大事

何かしらの投資、トレードを行っている人ならご存知のVIX指数というものがあります。

「恐怖指数」とも呼ばれているアメリカはシカゴ・オプション取引所が公表している指数です。

投資家心理の恐怖があおられると数値が上がるとされています。

この指数が注目されている背景には、投資家の心理によって株価や金融商品は値動きをするという根拠からです。

また、たまに言われることですが、「FX取引は女性の方が強い」とか「向いている」とか言われます。

私もFXを退いた今、そう思っています。

FXは情報の収集と予想が大事って言われますけど、所詮素人が得る情報なんて・・

このころは良くトレード関係のメルマガを購読したり、経済、金融のニュースに目を通したりして情報に敏感でありたいなんて思っていました。

しかし、予想から逆目の値動きなどしたとき・・・

例えばA氏というアナリストが「明日の日銀の金融政策が発表されると『円安になる』」と言ったとして、それが翌日に「円高」に振れたときなどのA氏の記事は

「『政策発表は織り込み済み』で円高になった」などと言います。

※ 「織り込み済みとは投資家の間で、予想していた通りの動きで驚きはない」という事

結局アナリストの語る為替動向の理由なんて後付けなんです。

しかも、多くのプロの投資家が意外性を感じるような情報を、私たち素人がどうやって得ることが出来るでしょうか?

そんなの無理です。

プロはあらゆる方面に、人脈を使ってインサイダーギリギリ?の情報を得たり買ったりしているのです。

その彼らに対して情報戦で勝てるわけがありません。

どんなに血眼に情報をあさっても、その情報はプロの投資家から見れば古い情報でその裏の動きまで握られているのです。

ローソクチャートも信頼できない

また、アナリストによっては「株価」や「ドル/円」の値動きを表すチャート、通称ローソクチャートですがこれを解説して今後を予想していく方も多くいます。

私も素人なりに色々とローソクチャートの勉強をしてはみましたが、どうもうまくいきません。

fx2

私の読んだ予想があったとして、それを後押ししてくれるアナリストの記事、「あー、やっぱりプロもこう見ていたか!」と

勇んで「買い」なり「売り」注文をしてみるのですが、アレヨアレヨとチャートは逆目にまっしぐら・・・・

それも、ズット止まって動かなかったチャートが注文して1分もたたないのに、待っていたかのように逆目へ暴走!!!

このような経験は誰しもあるそうですが、この悔しさときたらたまりません。

そして、翌日私と同じ予想をしていたハズのアナリストのコメントは「月足で見ると・・・」って!

※ チャートを見るときローソクの1本を1日とみる「日足」、1週間とみる「週足」、1ヶ月とみる「月足」、1年とみる「年足」などの種類があり、その「◯足」が変わるとチャートの構図も意味合いも山も谷も全然違ってくるのです。

え~!! 昨日は「日足」でみてモノ言ってたでしょう!??

あくまで「こう見ればチャートは正しかった」と言いたいのでしょうか?

それも後付け、後出しジャンケンですよね~!とよく思っていました。

情報も、チャートも頼りにならない!!

では何を頼りに??

世界に知れる「ミセスワタナベ」「キモノトレーダー」・・・凄腕日本人主婦FXトレーダーたちの存在です。

ここに答えがあると思うのです。

今、身を引いている理由もそこです。

長くなりましたので、続きは次の「FX取引は手っ取り早く稼げることは確か、でも継続して稼ぎ続けることが難しい手段➁」を覗いてみてください。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!