「プルームテックの味が物足りない!」を解決!!紙タバコに戻る前に試してみて

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

アイコスからプルームテックに乗り換えて、3ヶ月が過ぎました。

紙タバコ、アイコス、そしてプルームテックと喫煙してきて、私なりの総合点ではプルームテックが一番勝っています。

しかし私のまわりでは、プルームテックの離脱者はアイコスの離脱者以上に多いのです。

そしてみんな、プルームテックを離脱して紙タバコに戻っています。

なぜプルームテックを見切ってしまうのか

プルームテックをやめて、禁煙に向かうというならもちろん手放しで応援します。

でも紙タバコに戻るというなら、それは勿体ないな~と思うんですよね。

だって、プルームテックは周囲に匂いの不快さも感じさせないし、有害物質のタールも発生させないと言うじゃありませんか。

でも辞める人の理由を聞くと、多くの人は「パンチがない」「物足りない」「乾いた味でうるおいがない」などが挙がります。

ちなみにアイコスも乾いた味がしましたけど、慣れてしまえば気になりません。でもプルームテックの方が「より乾いた味」がするような気がします。

あと、アイコスは初めからある一定のパンチを感じたものですが、プルームテックは上手に吸わないと、煙があまり出ず「パンチがない」「物足りない」を感じるはずです。

「上手に吸う」とは吸引をゆっくりすることです。

あと吸引のとき、本体とカートリッジの継ぎ目のネジを握ってしまうと、上手く吸い込めません。

とは言え、パンチがなく物足りなさを感じたのは、私も同じでした。

正直、このパンチでプルームテックを使い続けることができるだろうか・・・

果たして慣れることができるのだろうか・・と心配もしました。

プルームテックは3,000円とアイコスに比べて安価なので、辞めるのもハードルが高くないのでしょう、辞める人は概ね数週間で離脱していきますね。

その殆どは紙タバコに戻るようです。

プルームテックを離脱する前に試してほしいこと

匂いの心配もなく、健康被害も少ないと思われ、火事の心配もないプルームテックは魅力的ではありますが、肝心の味や喫煙者が求める「パンチ」に不満があれば、離脱するのも無理がありませんね。

そこでお薦めの方法は、カートリッジに専用リキッドを注入する、です。

プルームテックはカートリッジの中のリキッドによって、水蒸気を起こして煙が出ます。

その煙の量が増せば、おのずとパンチが出てくるのです。

リキッドは色々と試してみましたが、私が辿り着いたのはこちらです。

ただ、これでは持ち運びには大きすぎるし、注入ができません。そこで他にあると良い物を紹介しますけど、他のネット情報で見かける必須アイテムより少ないです。

必要なのは次の1アイテムか2アイテムです。

1つ目  小瓶に入ったリキッド

小瓶に入ったリキッドは、持ち運び用で補充用が先に紹介したリキッドとして使っています。

2つ目 針が長めの注射器

小瓶のリキッドは蓋がスポイトになっていて、それでも注入は出来るには出来るのですが、リキッド注入量の加減がしずらいので、注射器の方が楽にできます。

カートリッジの奥の淵側にコットンが巻いてあり、そこにリキッドを湿らせるように注入します。

スポイトだと勢いが強すぎて、上図で言う緑の部分のコットンにリキッドが落ちず、そのまま下まで通過してしまうことがあります。

よく、ネット上で紹介されているのは、カートリッジの真ん中にあるリングを、耳かきのような棒で取るという作業。

この作業、注射器があれば不要だと思います。

私はこの作業、今までやったことありません。

リングは固くおさまり、取るのはとても大変そうですし。

下図を見てください。

赤い矢印が注射針だと思ってください。このように斜めに刺して、壁面のコットンにリキッドが染み込めばいいからです。

リングは外さなくても、全然いけます!

ちなみに私の場合、スティックをゆっくり回しながら、注射器で注入してます。そうすることで、コットンに万便に染みわたらせることが出来ます。

あと、あまり多く注入してしまうと、ネジ側からリキッドが漏れてくるので1~2滴くらいの目安で丁度いいと思いますよ。

これだけで、もうプルームテックはパワー満点、パンチの利いた喫煙生活が楽しめます!

そして、かなり経済的にも助かっちゃいます!

あらためてプルームテックのメリットを考察

プルームテックはリキッドを手に入れてから、月に数箱程度しか買わなくて済むようになりました。

そのため、買う時は色々な味をローテンションで買っています。

元々はレギュラー味が本命なのですが、数種類の味を予め何本かカートリッジに差し込んだ状態でストックしています。

だから「味を変えたいな」という時、ネジを回してカートリッジを交換するだけで違う味を即座に楽しむ事ができます。

健康被害が全くないとは言え、紙タバコとは比較にならないほどの差です。

タールは発生しませんから、ニコチンの含有量での比較です。

タールとはいわゆる「ヤニ」と呼ばれている物で、これが一番の有害とされている物質でした。

ニコチンは有害ではないとは言いませんが、主に中毒性の物質と考えられています。

それとチョイ吸いができるのもメリットです。

灰やゴミもでないので、ササッと何口か吸ったら、即ポケットにしまって終了!なんてことも可能です。

まとめ

せっかくメリットの多いプルームテックですが、パンチ不足で離脱してしまうのが見ていて勿体ないと思います。

離脱して禁煙するのなら、いいのですが紙タバコに戻るのは勿体ないと。

注射器とリキッドだけなら2~3千円の投資で、ランニングコストも抑えられ、パンチまで利いた味に再生します。

是非、試してみて欲しいものです。

【プルームテック ケース】Neck Strap Case for Ploom TECH

ちなみに、プルームテックは「本体バッテリー」と「充電器」があれば、スタートできます。

コンビニで1箱買えば、先端のスティック1本とカプセル5個が入っているからです。

最低限の「本体バッテリー」と「充電器」だけなら、Amazonや楽天市場で数百円から千円台で買えますので、覗いて見てください。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!