【プレゼントにおすすめ!】1万円以下の人気マッサージ器 3種レビュー

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

父の日、母の日、敬老の日ばかりでなく、夫婦・パートナーの誕生日プレゼントでも喜ばれるアイテムがマッサージ機器です。

一番は、マッサージチェアを奮発すれば良いのでしょうが、なにせ高価なものだし、置く場所の問題もあったりします。

そこで容易にプレゼントできるのが、数千円で買えるマッサージマシンです。

この記事では、お手頃価格でプレゼントできるおすすめのマッサージマシンを3種類レビューしたいと思います。

今回は、EMS(ジェルを使用するタイプ)のマッサージ器は除外しています。

EMSは専用ジェルを必要とするので、肌にべトつきお風呂上りにはむかないですし・・

お薦め度1位:Naipo ネック・ショルダーマッサージャー 

【母の日のプレゼント】Naipo 首マッサージャー ネック・ショルダーマッサージ器 マッサージ機 ヒーター付き 肩こり ストレス解消 温熱 首・肩・腰・背中・太もも 家庭用&職場用&旅行用 (ブラック)
Naipo
価格 2021年5月現在  6千円台
良いところ(1) 首から背中まで、好きな部位をピンポイントでマッサージできる
良いところ(2) 温ヒーターで温めながらできる
良いところ(3) 約20分で電源オフの安全機能
今ひとつなところ(1) 揉みの強さを調節できない。

(モミ玉の動きは「早い」と「ゆっくり」の二段階できるので、「ゆっくり」モードにすれば、いくらかは弱く感じる

今ひとつなところ(2) コードレスでは出来ない

一番おすすめな理由は、メリット紹介のところでも書いていますが、ピンポイントで「そこ!!」という個所をマッサージできるからです。

ネック・ショルダーマッサージ器のメリット

■ 肩、首のマッサージしたいジャストな個所を、ピンポイントでマッサージできる

■ 首、肩以外の背中や足なども、マッサージができる

■ 端のループに手を入れ、楽な姿勢でマッサージができる

■ 肩こりの人にはうれしい、なかなかの揉み力

■ 温熱ヒーターモードで、2段階の揉みスピード調節ができる

端のループに手を入れ、楽な姿勢がとれるというのは、機器の端っこがこの写真のようにループ状になっていて、そこに手を入れます。

左右、それぞれのループに両手を入れることで首・肩にかかる重みが増し、揉み力をアップさせることができます。

適度な重み、ちから具合、ピンポイントな個所攻めができるのが、僕にとっての高評価ポイントでした。

ちなみに揉みぢからですが、普段肩こりしない僕にとっては、すこし痛いと感じるくらいの力です。

普段から肩こり症の妻には、揉みごたえがあって、すごい気持ちいいとのことでした。

温熱ヒートのモードで写真のように、揉み玉が赤く点灯します。

ちなみに洗えるカバーが付いてます。

ネック・ショルダーマッサージ器のデメリット

■ 肩こりがひどくない人にとっては、すこし力が強く、痛いかもしれない

■ 揉み力の調節、段階ギアがない

■ 揉み玉の回転数(スピード)調節はあるが、早い、遅いの2段階しかない

■ 肩こりの人にはうれしい、なかなかの揉み力

■ 充電式でないので、コードレスでは使用できない

このマッサージ器の一番残念なところは、揉み力の調節ができないところです。

揉み力が強いのは良いのですが、少し弱めたいなというとき、調節ができません。

ただ揉み玉の回転は、スピード調節ができるので、僕の場合はスピードを落とすことで、力調節のようなことをしています。

スピードが落ちると、力かげんも弱くなるように感じます。

お薦め度2位:Naipo マッサージ枕 首マッサージャー

【母の日のプレゼント】Naipo マッサージ枕 首マッサージャー フットマッサージャー マッサージピロー マッサージクッション ヒーター付き 首・肩・腰・背中・太もも 肩こり ストレス解消 家庭用&職場用&旅行用 温熱(129G)
Naipo
価格 2021年5月現在  4千円台
良いところ(1) 首、背中、腰、お尻、足の裏、太もも、ふくらはぎ・・と好きな個所をマッサージできる
良いところ(2) 温ヒーターで温めながらできる
良いところ(3) 約20分でスイッチオフになる安全機能
今ひとつなところ(1) 揉みの強さを調節できない。
今ひとつなところ(2) コードレスで使用できない

マッサージ枕・首マッサージャーのメリット

■ 値段が安い リーズナブル!

■ 小さいので、容易に扱えて様々な部位に機械を置き換えられる

■ 約20分で電源がオフになるので、安心して使える

■ しっかりとした揉みパワー

少し小さめの枕の大きさ。

ソファーのヘッドレストと頭の間にマッサージャーを挟んで使ったり、ふくらはぎの下に置いて使ったりしています。

もちろん、背中にあてたり腰にあてたり、使用部位は様々に応用できます。

この機械も、温ヒートモードにすると、揉み玉が赤く点灯して回転します。

うしろ側には、椅子や座椅子に固定できるベルトが付いています。

ゴムのストレッチ性能とマジックテープで、しっかり固定できます。

個人的に好きなマッサージ方法は、バスタオルを小さくたたんでワンクッション入れて、枕にして寝転がるやり方です。

首筋や後頭部がちょうどよく揉みほぐされます。

バスタオルを嚙まさないと、ちょっと僕には刺激が強すぎます

マッサージ枕・首マッサージャーのデメリット

■ 充電ができず、コンセントにコードをつないで使用する

■ 揉み玉の回転スピードや、力のかげんが調節できない

■ 揉み範囲が小さく、頻繁に機会を別の個所に置き換えないと、同じ場所だけでは飽きてくる

揉み玉の力のかげんは操作できませんが、間にバスタオルをたたんでワンクッション入れれば、力もかげんできます。

お薦め度3位:ALINCO(アルインコ) シートマッサージャー

価格 2021年5月現在  6千円台
良いところ(1) 背中上部から腰まで網羅的にマッサージができる
良いところ(2) 温ヒーターで温めながらできる
今ひとつなところ(1) 揉みの強さを調節できない。
今ひとつなところ(2) コードレスでは出来ない
今ひとつなところ(3) その都度、椅子へのセットが面倒

マッサージ面積が広くて、揉み力も僕にとっては強すぎず、弱すぎずで丁度よかったです。

ただ、その都度取り付けるとなると、ちょっと面倒かもですね。

シートマッサージャーのメリット

■ 背中の上部から腰まで、背骨の両脇を揉み玉回転でマッサージ

■ 最下部から最上部までを約50秒かけて、しっかりマッサージしてくれる

■ 揉み力の強さは、寄りかかりしだいで調節可能 (体重のかけかた次第)

■ 約15分で、自動的に電源がオフになる安全機能つき

■ 温ヒーターが血流を促し、気持ち良い

まず、このマッサージ器は、後ろのマジックテープで、椅子や座椅子にくくり付けて使います。

揉み玉が背骨の両脇に2つ付いていて、垂直方向に往復移動します。

揉み玉はヒーターにしてない時、緑色に点灯しています。

最下部がこの位置。

最上部がこの位置、170センチの身長の僕で、上は肩甲骨以上、肩未満の位置ですね。

温ヒートスイッチを入れると、揉み玉は赤く点灯します。

背中、腰とマッサージができますが、上部のみ、下部のみのマッサージモードもあります。

シートマッサージャーのデメリット

■ マッサージの強さ、揉み玉の回転速度などの調節ができない

■ 15分間、同じ個所を往復するので飽きることも

■ その都度、椅子や座椅子に取り付けるというのが面倒になる

■ 充電ができないので、コンセント付近でしか使えない

強いて、デメリットに挙げた上から2つの項目。

「マッサージの強さ、揉み玉の回転速度などの調節ができない」

「15分間、同じ個所を往復するので飽きることも」

ですが、これは背もたれ(マッサージ面)への寄りかかり方次第で、どうにでも自分好みに調整できます。

調整スイッチがない、というだけです。

「その都度、椅子や座椅子に取り付けるというのが面倒になる」

「充電ができないので、コンセント付近でしか使えない」

に関しては、いつも決まった椅子へ装着し、そのままセットしっぱなしにする事で解決します。

僕は娘から父の日でプレゼントしてもらったんですが、書斎のデスクチェアに装着しっぱなしです。

なので、面倒なこともなくなりました。

まとめ

あくまで「おすすめランキング」は、僕の個人的見解によるものです。

この記事で、EMS式のジェルを塗る必要があるものは省きました。

マッサージはお風呂上りにしたい!という場合、ジェルを塗るのは現実的ではないと思ったからです。

この記事が、マッサージ機選びの参考になれば幸いです。

本日も最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!