SUPツーリング 秩父市の「さくら湖」でしてきたよ

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

2019年の夏、SUPデビューした私です。

去年、2018年夏に娘と稲毛海岸で体験講習を受けてから、私の方がはまってしまい、「いつしかSUPで釣りをしてみたい!!」とコツコツへそくりを貯めてきたのでした。

その念願が、やっと叶ったんです。

で、今までは海ばかりでやってたんですけど、今回はじめて湖で挑戦してみることにしました。

湖でのSUPってどんな感じ?

内陸に住んでいる私が、海でSUPをはじめた理由は「もし落ちても海なら汚い印象がない」からでした。

実際に海でSUPデビューした日は、本当に落ちまくりました・・!

そこから、だんだんコツをつかんできて何とか安定してライディング?出来るようになってきたんです。

そろそろ落ちる心配もないだろう、と湖に挑戦したのでした。

湖でのSUPの良いところ

湖でいざSUPを始めてみると、当たり前ですけど波が全然ないので、かなりスムーズにスタンディングとパドリングができました。

今回は曇り空でしたけど、風がなかったも影響したのかもしれません。とにかく穏やかで終始安定したツーリングを楽しむ事ができました。

波がないということで、いろいろなメリットがあります。

パドルが捉える水が安定していて、さらにボードに対しての抵抗も少ないから海に比べてスピードが出るように思えました。

また、海の時よりパドリングが疲れません。

あと太陽の位置にもよりますが、湖畔付近をツーリングしていると日陰もあり、こんなことは海ではないですね。

これでそよ風くらいの風があれば最高でしたね。

景色も海だと単調ですが、湖畔をぐるりとツーリングしていると場所によって様々な顔があり、楽しめます。

岩場から川の水が小さな滝みたいになって、湖に流れ落ちる場所があるんですけど、涼し気な音も聞こえてきます。

それと陸から水にエントリーする時と、水から陸にエキジットするとき、砂浜の砂がマリンシューズの中に入ったり、足が砂だらけになるようなことはありません。

私以外では、数組の釣り人がマイボートを持って沖にでていました。

湖でのSUP 良くないところ

ただ、海とちがった困りごともあります。

それはスタンディング、パドリング共に安定しているのは良いんですが、落ちないということは水に浸からないということ。

ですので熱いんです・・・

海より楽だとはいえ、パドリングしていれば汗もかきます。

一層のこと、一度水に飛び込んでしまおうかとも思いましたが、なんか抵抗を感じてやめました。海なら抵抗なく飛び込んだりしたんですけど・・

湖に慣れたら、飛び込んでしまうかもしれません(笑)

次に、天候の変化の早いところ。

「山の天気は変わりやすい」と言いますが、それは本当で晴れ間から黒い雲がやってきたなと思いきや、あっという間に雷雨となることだってあります。

黒い雲には気を付けて、早めに退散か車への非難ができるようにしましょう。

でも海に比べてのネガティブな点は、それくらいですね。

さくら湖について紹介

さくら湖は埼玉県秩父市にある「浦山ダム」、ダム湖です。

秩父にはこの浦山ダムのほか、合角ダム、二瀬ダム、滝沢ダムがあります。

SUPボードをさくら湖に浮かべるには、「うららぴあ」で申請

浦山ダムは秩父市内から一番近いダムで、土日になるとダムの管理事務所向かいにある「うららぴあ」は結構な賑わいをみせます。
なんでも、この「うららぴあ」では、ダム観光、資料館、レストランがあり、「ダムカレー」が人気のようです。
2階にある無料の資料館は、見学する人たちが結構いましたね。
そして、浦山ダム(さくら湖)にボート等を入水するときは、ここ「うららぴあ」で湖面利用申請書にサインして許可を受けるみたいです。
ちなみに、釣りに関しては、ワカサギがねらい目だそうで、ブラックバス釣りは禁止だそうです。また、万が一ブラックバスが連れてしまっても、リリースも禁止だそうです。
ワカサギ釣りは、9月から2月下旬までがいつもの解禁期間だそうです。

SUPボードやボートを入水させる場所は?

それは「日向進入路」という場所に限られているようです。
「うららぴあ」から車で5~6分奥に走らせると、こんな感じの降り口が目に入ります。
立っている看板はこんな案内です。

この看板の下にあるポストに、「入湖届け」を投函してください、だそうです。
湖畔に降りると、広々とした景色が広がります。
車も数台駐車出来て、ボートの入水口は以下の通りです。

とても清々しい空間で、この場所に家族で散歩をしにくる人や、バイカーが湖をバックにバイクの写真を撮りにきたり、一人で腰掛け湖畔を眺めて癒されている人など色々です。

まとめ

今度はここで、ワカサギ狙いのSUPフィッシュに挑戦しようと思います。

その時は、またここで追記させてもらいます。

まわりにSUPやる人がまだいないので、そろそろSUP仲間が欲しいなと思うのでした。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

追記:
9月15日に、わかさぎ釣りにやってきましたが、なかなか難しく坊主で終わってしまいました。
坊主はしょうがないとして、釣りポイントを変えようとスタンディングで漕ぎ出したところ、底に降ろしていたアンカーを引き上げ忘れたため、ブレーキがかかり、遂に落水してしまいました(笑)
でも、身体は臭くなることもなく、ベトベトもないし、別にどうってことないと思いました!
これを機に、来年の夏は暑ければドボーン!と、飛び込んでみようと思うのでした。
この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!