身体の部位に出る心の原因 3 (心臓・胆嚢・胆石・呼吸器・肺・皮ふ)

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

「私が神様から聞いた人間関係の裏ルールをお話します」(川内 由佳著)という本を読みました。

仕事の上で少しでも役に立てばと、MLBやこのような人間関係の本を読むことが多々あります。

この本の中のごく一部ですが、とても面白いことが書いてありましたので、抜粋、要約して紹介します。

詳しくは是非本を購入してみてください。

心身の不調は「誰」に「何」を思ったかで決まる

この話は信じる人と、信じない人と、毛嫌いする人が居るのを承知で書いていきます。

でも「信じない人は読まなくても構いませんよ」と書くまでもなく、信じない人はそもそもこのページを訪れる事もないでしょうから、信じる人だけに読んで頂いている、という前提で進めますね。

あと、私は何か特定の宗教を信じている者ではありません。

でも無宗教の有神論者とでも言いましょうか。

年齢が増すにつれてそうなってきましたね。

心身の不調は7割が「誰に何を思ったか」で決まると著者は言っています。

3割の例外があるにせよ、過去の経験も参考に思いを巡らせながら読んで頂けると納得する部分があるでしょう。

ただし、およそ18歳前後までの子供の心身の不調は親の心の状態がもたらせると言います。

この記事をを読みすすめて心当たりがある、と思った方は対象となる「ある人」への関わり方を改めてみてはいかがでしょうか。

人の言葉や態度に対する自分の考え方を改める、ということで心身の改善がみられる可能性が高いそうです。

心臓・動悸・息切れ・不整脈・狭心症

人の目を、意識し過ぎてはいけないというサイン。

神様からの目よりも、人の目を意識しすぎて「このように思われたい」「あのように思われたくない」などの思いが強く、言い訳や隠し事をしたりすると、心臓がその気持ちに反応します。

ですから心臓のトラブルが現れたら、人の目よりも神様の目を意識して、人の目は誤魔化せても神様の目は誤魔化せない、と覚悟してありのままを貫こうと心がける事が大切だそうです。

胆嚢・胆石

他人に対しての悔しさ、許せなさを無くしなさいというサイン

悔しい気持ち、許せない気持ちが強固になったときに現れるといいます。

そして、その思いが石となり薬によって流しだしても思いが変わらなければまた、石となり再発するそうです。これを読んで心当たりがある方は、自分のために許す努力、人と自分を比較しない努力が大切です。

呼吸器・気管支炎・肺炎・喘息

「恩人や恩がある人に対して、恩を忘れてはいけません」というサインだそうです。

物事が成就したり悩みが解決したりした時に、そのために力を注いでくれた恩人や物に対して、しっかり感謝してその気持ちを後々まで忘れないでいなくてはいけない、という事です。

やおもすると、後で振り返った時に恩人や恩ある物事のことは忘れ、あたかも自分ひとりで切り抜けた、切り開いた事柄であるかのように感じてしまう、または、成就したり解決したりした時の感動を忘れてしまうと、肺や気管支炎など呼吸系の症状が現れるそうです。

但し、上記にも書いてありますが、18歳までの子供に現れる症状、小児喘息などは親に対してのサインだそうです。

皮膚・蕁麻疹・肌荒れ・アトピー性皮膚炎

「自分を含む、全ての人に対しての思いを改めなさい」というサイン。

普段、心が穏やかで平静を維持している時ならば気にならない他人の態度や言葉も、心が不安定な時だとちょっとした言葉、態度に敏感に反応してしまうものです。

そんな時に、肌への症状が出てくるのだそうです。

これも、赤ちゃんや子供に症状が出る場合は、親の心の状態が出やすくなると言っています。

心が穏やかになると肌のトラブルが解消されるそうです。

この「私が神様から聞いた人間関係の裏ルールをお話しま
す」(川内 由佳著、総合法令出版)では更に相談者の実例も解りやすく紹介されている他、様々な人間関係の障壁をなくす為の目からウロコのヒント、アドバイスがぎっしり詰まった、大変参考になる印象深い著書です。

是非一読をお薦め致します。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!