なぜ?犬はこちらの気持ちが解るのかな

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

我が家には、トイプードルの「クー」(男の子)が居ます。

今年で10歳を迎えます。小型犬ですから人間に例えると50歳代半ばといった感じですね。

名付け親は、当時5歳の次女です。うーん・・・ありふれた名前だけど、ほぼ次女への贈り物として飼うことにしたのですから、いいかな?と「クー」に決定しました。

私としては、子供の頃から実家では犬を飼っていたので、犬には愛着があり、飼う事には賛成でした。

でも、本当は外犬が希望でした。

しかし妻と次女に押されてしまい、座敷犬になったのです。

今では、最初に約束したことはどこへやら、散歩もシャンプーも全て私がやってます。

外で飼っていた時には気付かなかった、犬の不思議な行動

外犬が希望だったとは言え、飼ってしまえば座敷犬でも直ぐに可愛く、愛らしくなります。

妻は子供の頃、猫を飼っていたらしく、犬を飼うのは初めてだそうです。

クーと我が家族の関係性

子犬の時から飼いはじめ、食事の世話は妻が、散歩やシャンプーは私が、長男と次女は気が向いた時にジャレる程度でした。

すると、クーから見た家族の順番は、ボスが私、妻とクーが同等?、その次が長男、次女が一番最後といったランク付けに見えました。

(長女は家を出ていたので順位に入っていません)

妻は「私がご飯を上げてるのに、なんで??」とよく言っていました。

私は思っています。クーとジャレる時、みんな自分がしたい、してあげたい事を勝手にクーにやって、飽きたらすぐにそっぽを向きます。

でも、私がクーとジャレる時、クーがして欲しいことを察して、クーが満足しているかを見極めています。

犬とは言え、表情や反応でそれは解ります。

そして、あまりしつこく構わないことです。

そんなことから、私をボスと見ているのでないかと思います。

私と妻の関係は、どちらかと言えば「かかあ天下」ですから間違いないと思います。

クーを見ていて不思議と思う事

私の休み日を見分ける

私の担当である散歩ですが、毎日行くわけではないのです。

私の仕事が休みの日に行きます。

最初の頃は、「クー、お散歩行こう!」と声をかけると、狂ったようにクルクル回り出して大喜びをするのでした。

それが可愛くて、妻や次女に話すと「えー、言葉が解るのかな???」と半信半疑でした。

しかし、それを目の前で行うと、「本当だ!!」「クーちゃん、言葉が解るんだね!!」と抱きしめていました。

子供のころから犬を飼っていた私からすれば、別に何の不思議もない、当たり前のことです。

次第にクーはこんな事を、見分けることが出来るようになりました。

私が2階の寝室から降りてきてリビングに入ると、その日、仕事があるのか、休みなのかを瞬時に見分けるのです。

最初は「スーツに着替えるか、否かで解るんだな」なんて話していたのですが、どうもそうではありません。

寝巻のまま、ウロウロしていても、仕事の日はこちらへ寄り付く事も無いのですが、休みの日は同じ寝巻で同じように歯磨きしていても、飛びついてきます。

「散歩行こう!!」と言わんばかりに。

ちなみに私は仕事の日も、休みの日も同じ時間に起きているので、私の行動のどの部分で判別しているのか不思議です。

私の仕事は、毎曜日ごとに決まっているのでなく、完全に不定休です。

誰かが怒ると、態度に出してなくても解る

我が家では、お互い好き勝手な事を言って腹に溜めない生活を送っています。

仲は良いのですが、衝突もあります。

そこで、例えば私が妻、もしくは娘に怒ったとします。するとクーは娘のところへ逃げ込みます。

妻と長男が怒っても娘のところに逃げ込みます。

今度は娘が怒り出すと、クーは必ず妻のところへ逃げ込みます。

家族間で言い争いや、喧嘩になると、逃げ込む相手の膝にところへ飛び乗ってきます。

不思議なのは、解り易い喧嘩の時でなく、態度に表さないような、内に込めた怒りのときもです。

さっきは「溜め込まない」と言いましたが、妻からの小言はいちいち反論するよりも、静かにやり過ごした方が面倒にならないことだってあります。

そんな時は、「はい、はい」と黙って受け止めるのですが、内心は「クソ―!」なんて思っている時だってあります。

そんな感情が湧き上がると、スーッとクーは娘の膝に乗りはじめます。

怒りではなくても、テレビでスポーツ観戦をしていて、応援しているチームがチャンスやピンチになると、気持ちが昂ることがありますよね。

そんな風に気持ちが昂っている状態で、小さく舌打ち「チッ」とか「良し!」とか言ったりすると、ワンワンワン!!と凄い勢いで吠え立てられます。

もちろん、大声で「やった~!!」なんて叫んでしまったら、大変です。

声というより、こちらの気持ちの興奮や昂りに反応しているように思えます。

家族が外泊で家を空けることが、数日前から解る

我が家では年に数回、他県にある私の実家に家族で1泊~2泊の里帰りをします。

すると、その日が近づくにつれ、クーの様子がおかしくなります。

必要以上に、いつもに比べて家族にべったりしてきます。

そして当日、出発の朝には大騒ぎするかと思いきや、観念したかのように、シュンとおとなしくなります。

まるで、こちらの行動をお見通しです。

留守と言っても、長男は実家帰省には付いてこなくなる年頃になったので、クーの世話を任せているのですが。

とにかく日をまたいで家を空ける時、クーには何故かそのことを数日まえから解っているかのような行動を見せます。

それが、1回や2回ならたまたまと考えてもよいでしょうが、毎回となると「やっぱり解るんだな~」と思えきます。

犬にはオーラが見える?

よく、犬は魂や霊が見えるという話を聞きますが、これらの現象を整理すると、きっとオーラなるものが見えているのかな??と考えてしまいます。

オーラの変化によって、人の喜怒哀楽を察知しているのではないでしょうか。

だから、態度に出さない怒りにも反応して、朝、リビングに入ってきた私を見て、休みなのか、仕事なのかを見抜いているのではないでしょうか。

数日間家を空けることについても、それなりのこちらの想いがあります。

クーと数日も会えないんだなぁ、とか、長男はしっかり面倒見ていてくれるかな、などの想いが。

その想いのオーラを発した後、家族が決まって数日間家を空けるということをクーは学習して、「このオーラを見たら、家族がしばらく帰らない」と思うようになったのではないかと。

もしかしたら、犬に限らず多くの動物が持つ能力なのかもしれないし、大昔は人間にも備わっていた能力かもしれません。

動物と暮らしていると、人知では解らない、不思議なことを見かけるものですね。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!