ノートパソコンで文字入力中、カーソルが思わぬ所に飛んだり、勝手な変換を繰り返す問題を解決したよ

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

この記事を書くときも、仕事でも愛用のパソコンのキーボードを叩いているのですが、最近凄いストレスに見舞われています。

私のパソコン環境と不具合の様子

まず、私が使っているパソコン環境を説明します。

Gatewayのノートパソコンです。OSはWindows10です。

不具合についてはタイトルにも書きましたが、大きく次の2つです。

1. カーソルが飛んでしまう

文章を打っていると、突然カーソルが4~5行前の位置にジャンプしている!!

「こんにちは」と打ちたくても、「こん」の次の「ちは」がとんでもない位置にあったりする。

2. 勝手におかしな文字変換がされてしまう

文字の変換をする場合、「変換」キーを押しますが、このケースでは何のキーを押さなくても、勝手に変換してしまい、その変換内容も滅茶苦茶なもの。

そんな状態でも、キーボードをゆ~っくりタイプしていくと、なんとか正常にタイピングはできるようになります。

意外と多くのWindowsノートパソコンで同じような症状になっていた

いろいろ調べていると、「ノートパソコンでWindowsの更新後になった」という声が多くありました。

しかし、私のケースではWindows10のアップデート後は全然、そんなことはなくアップデートや更新とは無関係に思えました。

また、パソコンのメーカーも様々です。

ただ、デスクトップパソコンではなく、ノートパソコンでこの症状に陥っている方が多いなと。

私が解決した方法

ここで紹介するのは、あくまでも私のケースであって、この記事を見ている人全てに当てはまるとは限りませんので、そこを踏まえて参考にしてください。

要は、タッチパッドが近づく手のひらに反応して、マウス動作が起こってしまっているのが原因のようです。

タッチパッドとは下の写真の赤枠の部分です。

マウスの代わりに、ここのスペースを指でなぞったり、タップしてマウス操作が出来るものですね。

このタッチパッドは、直接指が触れなくても手が近づくだけで反応してしまいます。

そこで、このタッチパッドを「有効」から「無効」にすることで、取り敢えずこのイライラ現象は解決しました。

タッチパッドの無効にする方法は、これもパソコンのメーカーによって違うようです。

私が愛用しているGatewayノートパソコンの場合、キーボードの「F6」にあるタッチパッドに「禁止アイコン」が描かれているキーがそうです。

他にもF12の横にある、マウスに✖マークが描かれているキーだったりします。

「パソコンメーカー名」×「タッチパッド無効方法」などで検索しても調べられると思います。

まとめ

ということで、あくまでも私が解決した方法ですが、タッチパッドを無効にしたら直りました。

今回も最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!