アパレル業界でより良い環境で働きたい人にお薦めの転職エージェント

スポンサーリンク

ブログに立ち寄って頂き、ありがとうございます!

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

アパレル業界は転職希望者が多い?

アパレル業界で働く人達の「この業界に入った動機」って何でしょう?そして「この業界で働き続ける理由」って何でしょう?

私もアパレル業界に身を置いて早20年以上、色々ありましたけど長いようでもあり、短いようでもあります。

動機は人それぞれありますが、ファッションに興味がある、お洒落でいたい、洋服、アクセサリーが好き、接客が好き、人に見られるのが好き、アドバイザー的存在でいられる感覚が好き、商売感覚を身に付けたい、修行して自分のお店を持ちたい・・・などが多いのではないでしょうか。

しかしこのような前向きな動機とは違い、後ろ向きというか惰性で続けている人も数多くいるのが現実です。

それにも人それぞれの理由があると思います。

「今は忙しくて自分が辞めたら残されたスタッフに大きな迷惑がかかるから・・」「転職したいとは思うけど、他の仕事で通用するようなスキルを持ってないし・・」「拘束時間と給料に不満は少しあるけど、人間関係は良いし今すぐ転職というのは考えていない」

などでしょうか。

「今はこの会社でこうして働いているけど、いづれは転職をしたいと思っている」という人がかなり多い業界と思っています。

しかし、こうした思いとは裏腹にあれよあれよという間に若いうちから昇進人事である部署や店舗を任され責任が大きくなり、プライベートでも結婚、出産と家族を持つようになり・・・

こうした状況の波に身を任せているうちに転職のタイミングを掴めず、中高年になっていく。

こんなストーリーが溢れているのではないでしょうか。

この業界では、若くして大きな責任を担うことは珍しくありませんからね。

なぜアパレル業界は現状の職場環境に満足しない人が多いのか

では何故、「いつかは転職を」と漠然な思惑を持つ人が多いのか?

その会社でずっと働き続けて、上まで昇りつめてやる!とならないのでしょうか?

もちろん、そのような上昇志向がある人はどの会社でも一定の割合でいるでしょうけど、前者の人が物凄く多いのは事実です。

そのような後者の人たちがよく言うのは➀「拘束時間の長さ」➁「給料の安さ」③「売上ノルマのプレッシャー」です。

先ず、拘束時間の長さについてお話しします。

アパレルの仕事は表の舞台と裏の舞台に大きな差があり、裏方の仕事量が山ほどあります。

整然とされたフロアでは綺麗な装いをした店員さんが、ニコニコと優雅に過ごしているように見えても、一度裏の仕事に入れば真剣な形相でテキパキと身を粉にして走り回っています。

商品の発注から仕入れ業務、検品業務、値札付けや取り換え、季節商品の入れ替え、バーゲンンがあればPOPなどの付け替え、帳簿や各種様々な報告書、清掃・・・

これらの業務を接客に関わらない時間、お店のオープン時間外や、裏方で行っています。

そして少人数でお店を回しているケースが大半なので、これを残業なしでやり切るのは難しくなるのです。

ただ、ここまでのケースは別にアパレル業界に限ったことではありません。人手が少なくどうしても残業に頼らざるを得ないお仕事はいくらでもあります。

それがアパレル業界はこの労力が、収入に見合わないケースが多いのです。

アパレル業界の「労働時間=拘束時間」に対しての収入の低さが挙げられます。

つまり、所得だけで比較すると第2次産業「工場」などとあまり変わりないんですけど、それは残業を沢山やって追いつくという感覚です。

そして、もう一つは、ノルマなどの売り上げにプレッシャーを感じるというストレスに目を背きたくなる人も多くいます。

これについては、アパレルに限らず販売職、営業職の人達は大なり小なり背負っているでしょう。

そしてこれからアパレルのスタッフになりたい!という業界未経験者の人を面接してみると、一番多く質問されるのが「ノルマはありますか?」なんですよね。

しかし、このノルマに対しての向き合い方は同じ業界でも会社によって様々です。

それでもアパレル経験者は転職先を同じ業界内で選ぶ人が多い

2016年の転職サイトを運営するエン・ジャパンとライフスタイルニュースを運営するモデルプレスが20歳~34歳のアパレルで働く女性を対象に共同で意識調査を行った結果、83%の人が引き続きアパレル業界で働きたいと回答したそうです。

それだけ、アパレルの仕事は魅力があるということなんですね。

アパレルで働くことの魅力って?

先の記述では、アパレルに勤めている人の中で、私が実際によく耳にした業界の不満を紹介しました。

でもどの業界にもどのお仕事にも不満は付き物です。

私もこの業界に長い事居させて頂いて、時には転職を考えたことはありますけどその時もやっぱり同じアパレルを考えていました。

そして、どうせやるならショップスタッフでと思っていました。

先ほどの意識調査でもアパレル業界で一番人気は販売員だそうです。

販売員は自分のセンスや接し方が、売り上げという形に表れて楽しい仕事だと思うのです。

自分のアドバイスやセンスを気に入ってくださり、ご指名を頂くと本当に嬉しくなります。

そして、働く仲間も同じ販売員、トークが楽しく、空気が読めて気遣いができるような明るい仲間ができやすいです。

更に独身者は配属先が大型ショッピングモールのテナント同士で出会いの機会も多くなります。そして同じショッピングモールで出会い、お付き合いする「館(やかた)恋愛」などのケースも多くありますよね。

確かに拘束時間の長さは昔から言われるところです。

しかし、時世に合わせコンプライアンス意識や合理化がすすむ会社が増えて拘束時間が短い会社が増えてきています。

それに伴い、固定給を引き上げ金銭面的にも充実した会社だって多くなりました。

販売員の転職を見ていると、折込みチラシでの求人案内や、一般の求人サイトに出てくるような会社から選んで面接を受ける、という方が多いですよね。

それでは勿体無い気がします。

業界に強くサポート体制がしっかりしたファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)に無料登録して自分の希望にあった会社を探してもらうのはいかがでしょう。

自分の会社への要望と言うときりがなく出てきてしまいますよね。「休みが多い」「勤務時間が短い」「給料が高い」「人気のブランド、有名なブランド」「自宅から近い」などなど・・

でもその中で3つまでに絞ったらどれが優先順位が高いのか・・

そういう事まで考えておくとよりスムーズに話が進むのではないでしょうか。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!