アルコール代用にアミノエリアneo【手指消毒に使ってみたよ】

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

これまで、アルコールの代用として我が家では次亜塩酸疎水の「ドクタープラス」を使ってきました。

【次亜塩素酸で手指消毒】気を付ける点とおすすめの商品は?
新型コロナウィルスは、「人」→「人」よりも、「人」→「物」→「人」という感染が圧倒的に多いと見られています。 この中で、「物」に付いた...

ここへきて、さらに強力で安全な除菌剤を、新たに試してみました。

それが「アミノエリアneo」です。

大豆由来のアミノ酸成分で除菌する【アミノエリアneo】

「アミノエリアneo」は日本の会社「ピーキューテクノ」が開発した、安心の日本製です。

今までの消毒や除菌剤とは全く別のアプローチで除菌する、抗菌・抗ウィルス剤です。

アルコールとも、塩素系のものとも違います。

生産者の(株)ピースアンドキューズと、鳥インフルエンザ研究の第一人者、大槻公一教授との共同開発で生まれました。

大豆から抽出したアミノ酸と複合アミノ酸、数種類の化粧品成分で出来ているようです。

私が手指に試してみた感想は、無臭でサラサラというより、少しだけジェルっぽい粘り気を感じました。

そして数日間手指に付けても、手の荒れや刺激もありませんでした。

アミノエリアneoは医薬品ではないので、コンプライアンス的に「手指に使ってよい」という表現はできません

これは今、多くの人が手指消毒に使っている「次亜塩素酸水」も同じです。

でもアミノエリアneoの安全性は、次亜塩素酸水をしのぐほどです。

次亜塩素酸水、アミノエリアneo、両方使ってみて感じるのは、アミノエリアneoの方が刺激が少ないということです

アミノエリアneoの抗菌・抗ウィルスの除菌力

では、アミノエリアneoがどれくらいの除菌能力があるか、説明します。

先ずは、下の表を見てください。

上の表で一番強い菌に挙げている「セレウス菌芽胞」ですが、加熱しても死なない菌でたびたび食中毒の原因になっています。

菌の中で「最も殺菌が難しい」とされていて、100℃のお湯に30分浸けていても死なないことが解っています。

次亜塩素酸系の除菌剤でも、アルカリに傾いている場合は殺菌が困難です。(ハイターなど)

アミノエリアは、この強力な菌「セレウス菌芽胞」にも対応試験を通しています。

アルコールの代用どころか、それ以上の効果が期待できます

アミノエリアneoの抗菌・抗ウィルスの仕組み

アミノエリアが菌に対して、強力な破壊力があることは解って頂けたと思います。

では、ウィルスに対してはどうなんでしょうか?

ウィルスに対して、アミノエリアが「不活性化」する方法を紹介します。

ウィルスは菌じゃないから「除菌」と言わず、「不活性化」と言います

ウィルスを構成している3要素。

「膜」と「核」と「タンパク質」があります。

そのどれかを壊すことで、ウィルスは「不活性化」するといいます。

ウィルスには「膜」が有るものと、無いものがあります。

「膜」があるタイプのウィルスに対しては、アミノエリアneoが「膜」に攻撃します。

「膜」がないウィルスには、「核」や「タンパク質」に攻撃して不活性化する仕組みです。

アミノエリアneoの安全性はどうなの?

アミノエリアneoは、その名の通り「アミノ酸」由来の除菌剤です。

大豆から抽出したアミノ酸成分なので、人体にも安全で間違って飲んでしまっても問題ないほどです。

さらに、間違って吸ってしまっても大丈夫です。

私の体験談として前述しましたが、頻繁に継続して手指に使っても刺激がなく気になりません。

次亜塩素酸水も中性から弱酸性ならば、かなり人体に安全ではあります。

ただアミノエリアneoは、次亜塩素酸水の弱点も補ってくれます。

次は、アミノエリアneoのアルコールにも次亜塩素酸水にもない、優れた点を紹介します。

アミノエリアneoが他の除菌剤と大きくちがうのは、ここ。

アミノエリアneoが、アルコールに勝る点、次亜塩素酸水に勝る点をまとめました。

除菌力が勝るのは、これまでの紹介で解って頂いたと思うので割愛します。

アミノエリアneoで除菌すると効果が28日続く

いの一番に挙げられるのは、「除菌効果の持続性」です。

ちなみに菌だけでなく、ウィルスにも持続性があります。

◆アミノエリアneoの除菌効果の持続時間 

1)に対して除菌したあと、除菌の持続効果は28日間つづく。

2)ウィルスに対しての「不活性化」をしたあと、「不活性化」の持続効果は7日間つづく。

これはアルコールにも、次亜塩素酸系除菌剤にもない効果です。

次亜塩素酸もノロウィルスにも効くような、強力な除菌効果がありますが「持続効果」はありません。

例えばドアノブに、次亜塩素酸を噴霧したとします。

ドアノブの菌やウィルスは、除菌・不活性化されますが、同時に次亜塩素酸系除菌剤も化学反応をおこして、除菌効果はその場でなくなります。

次亜塩素酸は一度噴霧して、消毒はできますが、持続性はありません

これに対してアミノエリアneoも、噴霧したあと布で拭き取ると除菌(ウィルスは、不活性化)されます。

ここまでは、同じですが。

その後、拭き取ったドアノブか完全に乾いたとしても、アミノエリアneoの除菌効果が続きます。

菌なら噴霧後28日間「除菌」し続けるし、ウィルスでは7日間「不活性化」し続けます。

インフルエンザウィルスは、ドアノブに付くと数時間から1日生き続けます。

新型コロナウィルスは、驚異の3日から5日とも7日とも言われています。

なので新型コロナウィルスは、「人」から「人」よりも

圧倒的に「人」→「物」→「人」で感染するそうです。

だからアルコールも次亜塩素酸系除菌剤も、その都度ドアノブや手すりに噴霧しなくてはいけませんでした。

でも、持続性あるアミノエリアneoなら、その手間もある程度はぶけます。

とくに毎日満員電車に乗ってる人なら、洋服に噴霧すれば少しは安心ではないでしょうか?

保存期間が長い

先ず次亜塩素酸水のデメリットは、保存が難しいことです。

製品化された次亜塩素酸水は、おおむね1年が消費期限です。

また水道水などで希釈すると、さらに保存期間は短くなります。

まず紫外線を浴びると、効力を失ってしまいます。

更に次亜塩素酸系除菌剤は、汚れなどに反応して化学変化を起こします。

その化学変化が起きた後は、消毒効果が無くなってしまいます。

次亜塩素酸の保存が難しいと言われるのは、化学変化を起こしやすいからです。

対してアミノエリアneoの保存期間は、10年というから驚きです。

もちろん、紫外線にも弱くありません。

ちなみにアルコールは気化しやすく、保存期間が2年から3年と言われます。

その他

次亜塩素酸系の除菌剤は、高濃度だと金属を腐食させる性質があります。

しかし、アミノエリアneoは、金属を錆びさせるリスクは水道水以下ということで、金属への噴霧も問題ありません。

消臭効果に関しては、次亜塩素酸にも負けず劣らず優秀です。

アルコールは、消臭効果は期待できません。

まとめ

アミノエリアneoは医薬品ではありません。

なので生産者も、このブログのような紹介者も、公けに「手指に付けてください」と言ってはいけません。

コンプライアンスに引っかかってくるんです。

同じ理由で次亜塩素酸系除菌剤もコンプライアンス上、手指消毒を推奨してはいけないことになっています。

でも数多くの民間企業や、官である自治体で「手指消毒のアルコール代用品」として支給されています。

そんな背景をみて、我が家では次亜塩素酸水もアミノエリアneoも手指消毒に使っています。

ただしアレルギー反応や肌に合わないケースも考えられます。

手指消毒は自己責任でお願いします

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新型コロナに罹らないために、絶対的な対策とは
新型コロナウィルスに罹らないために、絶対的な対策は「自分の手で目、鼻、口を触らない」ということ。 多くのお医者様が言っている通り、感染...
この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!