終わり良ければ総て良し

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

この4月で、今の仕事に区切りをつけチームを離れることになりました。

チームリーダーとしてやってきた私でしたが、厳しくもあり摩擦も沢山経験してきました。

嫌われることへの恐れを断ち切って、チームプロジェクトのために前進してきました。

前進といっても、ある時は一致団結し、皆で息を合わせて前進した時期もあれば、皆の気持ちをまとめきれないまま、前進させたこともありました。

または前進ができず、足踏み状態や後退した時期もありました。

プロジェクトはずっと同じメンバーで行っていたわけでなく、途中途中で人の入れ替わりがあり、その都度チームカラーは変わっていきました。

そんな山あり谷ありの、チーム向春でしたがリーダーとしての役目を終え、チームを離れることになりました。

そして終わりを迎えて、解ったことがあります。

みんなが、去っていく私に涙してくれました。

沢山のプレゼントを受け取りました。

チーム内の人、チームの人ではないけど関わった人たちから、様々な贈り物や言葉を頂きました。

恥ずかしくもあり、驚きもあり、何よりも素直に本当に嬉しく、満たされた気持ちになりました。

本当にみんな、ありがとう!!!!!

厳しく接したこともあったけど、感謝と正直、笑いや笑顔、公憤はあっても私憤は出さない・・・

こんな事を肝に命じてやっていきたつもりです。

それをどれくらい、実行できただろうか???

採点させたら、関わってきた人それぞれに点数は違うのだろう。

自己採点しても、そんなの意味がない。

採点するのは、やっぱり相手なのだ。

でも、今回の皆の涙や言葉から、少しだけ胸を張ってもいいのかな?

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!