アドセンスからの「要注意メッセージ」に対処しようとしても、エックスサーバーでabs.txtファイルがUTF-8で保存できない件

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

Googleアドセンスのメッセージ「abs.txt」の問題の話です。

が・・・

普通に手順を知りたい方は、この記事ではご期待にお応えできない可能性が大です。

この記事では、abs.txtファイルをサーバー側で、文字コードを「UTF-8」で保存したいけど、苦戦している人向けのお話となります。

Googleアドセンスのホーム画面で、上の方に「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」とのメッセージが出てきて、それを対処しようとしていて壁にブチ当たった話です。

この問題の解決方法として、自分のGoogleアドセンスの「サイト運営者 ID」を書き込んだ、「abs.txt」ファイルをサーバーにアップロードするわけです。

そのとき、ファイルの文字コードを「UTF-8」にしなければなりません。

しかし何度やっても、エックスサーバー上のファイルの文字コードは「Shift_JIS」に書き換わってしまうのです。

その原因が解ったので、備忘録的に書き残しておこうと思ったのです。

エックスサーバーの文字コードが「Shift_JIS」に書き変わってしまう FTTP編

FTTPソフトを使って、エックスサーバー上にアップロードするときに、メモ帳などのテキストエディタを使用して「abs.txt」ファイルを書き込むと思います。

そこでメモ帳に「アドセンスサイト運営者 ID」を含んだコードを書き込んで、文字コードは「UTF-8」にして保存するわけです。

その状態でFTTPソフトを使って、サーバーにアップロードしたら一応は終わりのはずです。

しかし私の場合、確認作業をすると上手く反映されていませんでした。

アップロードしたファイルを、エックスサーバーのファイルマネージャーから開いてみるとコードの前にクエスチョンマークが付いていました。

このクエスチョンマークは何だ?

調べてみると文字コード「UTF-8」にはBOMなしとBOMありがあるようです。

今回の私の不思議な「?」マークは、「UTF-8」の中でもBOMありの文字コードだったようです。

実は今回のグーグルの対処では、abs.txtファイルはBOMなしの「UTF-8」で書き込み、保存しなければなりませんでした。

BOMなしの「UTF-8」は、「UTF-8N」と表記されることもあるようです。

そこで、テキストエディタの中でも「Tera Pad」というソフトだと、文字コードの設定で「UTF-8N」があるので、それで保存してFTTPソフトでのアップロードを試みてください。

「ファイル」⇒「文字/改行コード指定保存」⇒「文字コード UTF-8N」

ファイル名は勿論、「abs.txt」です。

次に「abs.txtファイル」が、正常に設置されたかを調べます。

abs.txtファイルが正常に設置されているかを調べる

アドレスバーに「自分のサイトのドメイン/abs.txt」と打ち込んでみます。

このサイトの場合、「https://tekuteku.mobi/abs.txt」です。

画面が下のように表示されていれば、正常に設置されたこととなります。

また正しく設置されていない場合は、「404エラー」などを含む、「サイトが見つからない」というエラーになります。

エックスサーバーのファイルマネージャーを使って、abs.txtをアップロードしたのに「UTF-8」にならない

「FTTPソフト」を使うより、この方法が簡単かつ安全です。

アドセンスからダウンロードしたテキストエディタに、アドセンス「運営者ID」を書き込みアップロードします。

そのとき、ファイル名の文字コードを「UTF-8」にします。

その後、アップロードされたファイル内の文字コードも「UTF-8」にします。

編集をクリックして、文字コードを「UTF-8」にして、保存します。

これで終わりなんですが、私はここでちゃんと文字コードが「UTF-8」になっている心配で、おなじ手順で(abs.txtファイル指定⇒編集)ファイルを開くと・・・

なぜか、文字コードが「Shift_JIS」に戻っています。

それで混乱してしまったのですが、解りました。

エックスサーバーの場合、編集でファイルを開けると文字コードは「Shift_JIS」になっているようですが、保存文字コードをちゃんと「UTF-8」にしておけば、間違いないようです。

試しに先ほどの確認方法を行いましたが、正常に設置されているようです。

今回は、エックスサーバーにアップロードしたabs.txtが「UTF-8」で保存されないと勘違いしたパターンと、BOMありUTF-8を使用してしまった人向けのお話しでした。

ちなみに、このように直接エックスサーバーのファイルマネージャーにアップロードするときも、「メモ帳」でなく「Tera Pad」を使って、前述したように「文字/改行コード指定保存」で「UTF-8N」にして、アップロードしてくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

コメント

  1. 花子 より:

    アドセンスに合格したのもつかの間、Xサーバーで何回文字コードを変更しても反映されず、検索しまくったところヒットしました。
    おかげで問題が解決できました♪
    ありがとうございました^^

    • kousyun より:

      花子さん、うれしいコメントありがとうございます。
      こんなコメントを受け取ると、ブログ制作の励みになります。

      また、アドセンス合格おめでとうございます!!