【タウンライフ外構リフォーム】2回の体験ブログでレビュー

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

この記事を読むと、タウンライフリフォームの率直なメリットとデメリットが掴めます。

ゆっくりめに読んで、約12分で読み終わるボリュームです

記事を書いている僕は、タウンライフの外構リフォームを、2回利用したことがあります。

タウンライフを利用してみたら、「ネット上の評判」と、僕の実体験には乖離があるな、と思ったんです。

そこで僕の2回の経験から、率直なデメリット、メリットを正直に書いていこうと思いました。

タウンライフのネットの評判は、ほとんどが「新築の間取り」を依頼する「タウンライフ間取りプラン」でのレビューで、「タウンライフリフォーム」のレビューはあまり見かけません。

少ない情報で” 間取りを書いてもらう ”という企画は、業者にとってはハードルが高く、レスポンスの良し悪しに差が出るのも当然だと思います。

期待外れのレスポンスを受け取れば、ユーザーはがっかりしネットに悪評を書きたくなるかもしれません。

しかしリフォームのシーンでは、「悪徳業者」を掴まないためにもこの手のサービスは、積極的に利用すべきだと思います。


僕がタウンライフをリピした理由を先に書いておくと・・

■ 老舗サイトのわりに、加盟店数が全国約300社と少ない

■ ユーザーでなく「業者がタウンライフをどう見ているか?」で納得したから

縁があったリフォーム業者の社長さんが、タウンライフを「厳しい」と評価していました

この手のサイトは「全国1000社以上の加盟店数」とかうたっている中、老舗サイトなのに加盟店数を増やさないのはその厳しさとポリシーからかな、と思うからでした

↑↑↑この話は、後ほど詳しく書きます↑↑↑

ちなみに実際にタウンライフを利用して、工事を依頼した記事がこちらです。

タウンライフで外壁塗装の「無料一括見積もり」してみたよ【比較編】
外壁塗装の塗り替えをするにあたり、「無料一括見積サイトのタウンライフ」を利用してみました。 今回は、タウンライフの利用は2回目という事...

タウンライフを利用したけど、全業者、工事をお断りしたときの記事がこちらです。

【タウンライフリフォーム】外構の見積もりで利用してみた!感想・レビュー
外構のリフォームで、一括見積りの「タウンライフ」を利用してみました。 この記事では、住宅関係の一括見積サイト「タウンライフ」を使ってみ...

たまに、「本当に無料でしたか?」と聞かれることがあるので、一応書いておきますが、完全無料です。

ホームページにあんなにデカデカと無料と書いて、お金請求したら警察沙汰です 笑

タウンライフ外構リフォームのデメリット

ネットでよく見かけるタウンライフリフォームのデメリットは、「地域によって選べる業者数が違う」とか「業者によって対応が違う」なんて事が多くあります。

確かにそれもあるんですが、体験者としてもっと踏み込んだ事を書いていきます

タウンライフリフォームのデメリット

タウンライフはあくまでも「窓口」のみ
・・・「一括見積もり」申し込み後は、ユーザーと業者でやりとりしなければならない
匿名での申し込みができない
・・・申込の段階で、氏名・住所・電話番号・メールアドレスも入力する
地域によって、予算によって対応できる業者数がちがう
・・・僕ん家は田舎なのでいつも少ないです
・・・予算額が上がるほど対応できる業者の数が上がります

業者によって積極性がちがう
・・・「対応がちがう」というのは、つまり「積極性」のちがい

メリットはこちら

では、これらの対策を書いていきます。

タウンライフはあくまでも「窓口」のみ

タウンライフリフォームの「申し込みフォーム」で、リフォーム内容や個人情報、業者を選んで送信すると、直接業者から連絡が来ます。

タウンライフが間にはいって「仲介してくれる」、なんて事はありません。

直接的な「業者とのやりとりが苦手」という人は、タウンライフのスタイルには向いてないかもです

タウンライフには厳しい審査があって、業者の質は良いと感じます
腰が低いのはもちろん、一応に「強い押し」はしてきません
★ 電話が苦手という人は、申込欄の「リフォームしたい内容」というフリー記入のところに「連絡はメールでお願いします」と書くと良いです

窓口のみなので、気に入らなければ全て断っても、全然問題ありません。

事実、僕は1回目の利用時、全部お断りしました

(妻の知り合いの業者を利用しなければならない大人の事情があったので・・)

匿名での申し込みができない

タウンライフリフォームでは、申込フォームの段階で、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどを入力します。

本当はリフォームを検討していない人、個人情報を入力するのに抵抗がある人はお薦めしません。

リフォームの性質上、現場に来て状況を見極めないと、見積もりも工事期間も立てられません。

なので最低限の「氏名」「住所」「連絡先」くらいは必須になります。

タウンライフのネット上の「口コミ」で、たまに以下の意見があります。

タウンライフを利用したら、ある業者からちょくちょくダイレクトメールが届くようになった

ちなみに僕は、2回タウンライフを利用して、今まで業者からダイレクトメールが届いたことはありません。

★ 心配な場合は申込み欄で入力するメールアドレスは、「捨てアド」にしておくと良いかもしれません。

「捨てアド」を持っていない人は、こちらの記事を参考にしてください。

地域によって、予算によって、対応できる業者数がちがう

ネットの評判でも見かける話です。

僕の家は田舎にあるのでタウンライフを利用しても、いつも3社前後しか業者の候補が立ちません。

ただ申込みページの「予算欄」の金額を上げると、候補にあがる業者の数が増えます。

距離が遠くても採算が合う金額なら、業者も受け付けるということだと思います
★ 少ないとしても、それが良質な業者であれば、地元の業者と交えて相見積もりに参加してもらうとクォリティーや金額相場の目安になります。

業者によって積極性がちがう

「業者によって対応がちがう」というのは、タウンライフのレビューで見かけるエピソードです。

僕の体験から思うのは、「対応がちがう」というのは、そのまま「積極性がちがう」と置き換えられます。

前述したように、タウンライフに加盟している業者は、厳しい審査をクリアーして、何かの問題があれば解除されてしまうので、往々にして良質な業者が多いです。

なので「対応」と言っても、横柄な態度や高圧的な態度なんてする業者には出くわしません。

ただ積極性を「感じる」業者と、「感じない」業者がいることは確かです。

おそらくリフォームと言っても、分野は様々です。

業者によっては得意分野と不得意分野があり、そのため「不得意分野」には消極的になるのかもしれません。

また、スケジュールが詰まり過ぎていて、新規に工事を受注している暇がないとか・・

★ 消極的な業者は、アポイントの電話で何となく伝わってきますので、そこでお断りしても良いかもしれません。
★ 良心的な業者が多いとは言え、業者によって、担当者によって、当たりハズレがあるものだと思います。

▶▶▶ お断りも自由・完全無料のタウンライフリフォームを見てみる

タウンライフ外構リフォームのメリット

次はタウンライフリフォームの、メリットについて書いていきます。

タウンライフリフォームのメリット

タウンライフは悪質な業者に出くわしにくい
・・・タウンライフは厳しい審査によって、業者と加盟店契約を交わしている
・・・問題があれば、加盟店解除もあり得る
一括見積もり請求後、業者とは1対1なので気兼ねなく断りやすい
・・・「一括見積サイト」経由ということで、業者も「相見積もり」であると承知している
・・・なので断っても業者はあっさり引き下がってくれる

業者の特色を見ながら、絞り込める
・・・候補に挙がる業者が多すぎる場合、それぞれの特色を詳しく見れるので、絞り込みがしやすい

タウンライフは他の見積もりサイトより、住宅に詳しい「住宅・不動産専門サイト」
・・・タウンライフの加盟店は、タウンライフ以外のサイトにも登録していることがある
・・・その中でタウンライフは住宅に詳しく、ごまかしが効かないので業者も気が抜けない

デメリットはこちら

タウンライフは悪質な業者に出くわしにくい

外構に限らずリフォームと言えば、大なり小なり、こんな心配はないでしょうか。

業者に良いこと言われて、騙されてないかな?

初めてだし、提示された金額は相場と比べて高くないかな?

手抜き工事とか上辺だけのリフォームで済まされないかな?

他にも、「追加の工事・材料・手間が必要になった」なんて言って、見積もり金額より高い請求を受けるなんてケースもよく聞く話です。

しかし、タウンライフは厳しい審査に加え、請負価格やユーザーからのクレームに対しても業者を評価しています。

評価が低い業者は、加盟店契約も解除されると言います。

実際に業者から聞いた話です

そんな仕組みなので、悪質な業者はタウンライフの加盟店契約を交わすのは難しくなります。

一括見積もり請求後、業者とは1対1なので気兼ねなく断りやすい

「タウンライフに一括見積もり請求後は、業者とユーザーの直接交渉ななる」というのは、デメリットの項目にもあげました。

でもこれは「直接交渉が嫌じゃないユーザー」にとっては、メリットでもあります。

各社の見積もりを見せたり、伏せたり・・

価格交渉を顔を見ながら行う、というのは「値引きのシーン」では結構有効なものです。

インターネット(オンライン)だと、きっぱり線を引かれるような内容でも、顔を突き合わせて値引き交渉すると、意外と「解りました!」となるものです。

業者も「タウンライフ経由の客」=「複数社に相見積もりをしている」と承知ですから、「値引き交渉」をしてくるのは想定しているはずです。

さらに断るにしても、「タウンライフ経由の客」なら、ウチより他のどこかに流れることも想定しています。

つまり・・・

★ タウンライフ加盟店の業者は、値引き交渉がしやすい相手

★ タウンライフ加盟店の業者は、お断りも気兼ねない

業者の特色を見ながら、絞り込める

もしもタウンライフに一括見積もり請求をしてみて、予想外に多くの業者が候補に出てきたとします。

出てきた業者、全てに依頼すると現地調査の立ち合いは、スケジュールが過密になります。

せいぜい3社から5社に絞り込むのが理想です。

タウンライフでは、候補にあがった業者の詳細を見ることができます。

下の画像は、候補にあがった業者のリストです。

画像の➀の「詳細を見る」を押すと、業者の詳細な内容が見られます。

画像の➁の「チェックボックス」で、業者の取捨選択をします。

タウンライフは他の見積もりサイトより、住宅に詳しい「住宅・不動産専門サイト」

「住宅の一括見もりサイト」なんで、住宅に詳しいのは当たり前と思うかもしれません。

しかし、意外とそうでも無いそうです。

タウンライフ経由で縁のあった、業者の社長さんに聞いたことがあります。

その業者は複数の「リフォーム一括サイト」に加盟店登録しているそうですが、多くは「所詮、IT企業だ」と言ってました。

住宅の事を知らないサイトが多い、と言うのです。

それらに比べて「タウンライフは本当に建物を知ってます」と言ってました。

なので業者からしてみれば、タウンライフはごまかしが効かない「プロのリフォーム見積もりサイト」という事で、厳しい相手に見えてるようでした。

もとへ戻る

2回目のタウンライフ利用のとき、勝手に妻が別の「リフォーム一括見積もりサイト」を利用したんです

すぐに電話が掛かってきて、凄くしつこい営業で、他社の悪口も言ってたそうです

たまたまかもしれませんが、タウンライフの営業で「しつこさ」や「高圧的な態度」は取られたことはありません。

▶▶▶ お断りも自由・完全無料のタウンライフリフォームを見てみる

まとめ

まとめると、タウンライフリフォームを利用するのが向かない人は、以下の通りです。

◆タウンライフリフォームに向かない人

1)直接、リフォーム業者と交渉や打ち合わせが苦手な人
2)個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)の入力が嫌な人

逆にタウンライフリフォームを利用した方が良い人は、こんな人だと思います。

◆タウンライフリフォームを利用した方が良い人

1)悪徳業者を掴みたくない人
2)リフォーム工事費用の相場を知りたい人
3)しつこい営業攻勢に会いたくない人
4)良質な工事とリーズナブルな価格の業者を見つけたい人

タウンライフリフォームを始めて利用するとき、一番心配したのはこの2つでした。

◆ 本当にタダなのか?
◆ 複数社から、しつこい営業攻勢に会わないか?

これらの心配は、一切ありませんでした。

「今すぐ!」っていう人ばかりじゃなく、検討中の人も気楽に使えるタウンライフリフォームでした。

お断りも自由・完全無料のタウンライフリフォームを見てみる

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!