ハウスメーカーの担当者は変更できるの?

スポンサーリンク

ブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!

自分にあった理想のハウスメーカーを決めたと思ったら、担当者がイマイチで心配になったという話は良くあります。

今回は、一世一代の大きな買い物、住宅メーカーの担当者に不満を覚えた場合、担当者を変えることができるのか?について記事にしていきます。

ハウスメーカーの担当者は変えられる?

結論から言うと、ハウスメーカーの担当者に落ち度があったりしたら、多くの場合変えることは可能です。

少し気まずい思いはあるかもしれませんが、店長などに相談して担当を変えてもらえるようにお願いすることです。

それでも担当を変更するのでなく、店長もしくは上司が「私がしっかりフォローさせていただきます」などと言い、担当の交代を拒むケースもあります。

この業界は展示場でアンケートを渡してきた人が、そのまま担当になるシステムになっています。

そしてアンケートに記入し、名前などの個人情報を書いてしまっていれば、担当者の見込み客として登録されてしまっています。

その時「担当者の接客が嫌だな」とか「なんか頼りがいがない人だな~」と思ったとしてもこちらからアクションを起こさない限り、その人がずっと担当者となります。

たとえ期をずらして、何食わぬ顔をして再度展示場に行っても、その担当者がいる限り同じ担当者になってしまいます。

担当者は施主の要望をくみ取り、会社に詳細に伝える大事な役割を担っています。

こちらの要望が設計士さんや監督に伝わってないと、「こんなはずじゃなかった」という部分が出てきてしまいます。

特に間取りなど図面の手違いは、工事が始まってから「あのとき担当に伝えたはずだ」と言ってもどうにもなりません。

ハウスメーカーの担当者によって変わる施主のメリットとデメリット

このように家づくりの上で、住宅メーカーの担当者というのは大きなキーマンとなります。

担当者は小さな工務店であれば社長がそうなるケースも多いし、大手の住宅メーカーの場合は営業さんが担当となるケースが多いです。

そうなると、担当者の経験値や知識の深さも見落とせないポイントとなります。

向春
住宅メーカーによって、その段階で設計士さんが一緒に付いてくれるケースもあります

施工や間取り、素材の知識が豊富な担当が付いてくれた場合と、入社数か月の担当者が付いた場合とでは、明らかに提案力やサポートに差がでます。

また、担当者にも性格があり、グイグイと売ることだけに頭を働かせる営業担当もいれば、施主の生活スタイルや要望をしっかり熟慮して、施主のための最善を考えてくれる営業担当もいます。

また、相性もあります。

ハウスメーカーとの付き合いは「家が出来上がるまで」だけでなく、「家が出来上がった後」も続きます。

ハウスメーカーの担当者で失敗しないために

既に住宅メーカーを決め、担当がついているならここの話は参考にならないかもですが、これからという方であれば参考にしてください。

また、担当がついて、すでに打ち合わせに入っているとしても、契約を結んでいないのなら、まだいつでも引き返せます。

担当者をどうしても変えてほしいなら、契約を結ぶ前に店長なり上司に「担当者の交代」を申し出てみましょう。

契約書に印鑑を押すと、施主とハウスメーカー担当者との力関係が逆転することにもなります。

契約を結ぶ前なら、担当者は「施主を逃がしてはいけない」という観念が働くのですが、契約を結んだあとは、その観念がなくなり、施主側のわがままや揺さぶりはスルーされることが多くなります。

前述したように、担当者はせっかくならある程度の経験値があり、専門知識が豊富な人が安心です。

その他の相性や性格までは要望できませんが、上記2つの「経験値」と「専門知識」なら、予めハウスメーカーに要望することができます。

普通に展示場に行くのでは、やはりアンケートを渡してきた人が自動的に担当となってしまいます。

ではどうするか??

それは一括見積サイトを利用して、担当者のことも注文してしまうことです。

私は注文住宅を建てるとき、展示場に出向きました。

ある大手のハウスメーカーのモデルハウスに行ったとき、担当してくれた男性営業マンがこちらの予算を伝えると、「うちはその予算では難しいですね」とのことでした。

こちらの予算はそんなに極端な格安値を言った訳でもなく、この辺りの地域としては平均的な値段だったと思います。

そう言われたので、別のハウスメーカーを探して契約しました。

後々、仕事で知り合った例の大手ハウスメーカーの人に聞いてみたんです。

向春
昔、御社の人に○千万と予算を伝えたら、ウチでは出来ないって言われたことがありました

すると、「いえいえ、そんなことありませんよ!」と真っ向否定していました。

きっとその大手ハウスメーカーからすれば、私たち家族は客層として魅力に欠けたのだと思います。

でもそれで、数千万の売り上げを逃したわけです。

このように、展示場に行っても担当者によってハウスメーカーの門扉も開けてくれません。

それに比べて一括見積サイトは、今どきしつこい営業攻勢もないし、同じ条件を提示して各社から間取りや資金面の提案を見比べることができます。

そして条件設定で、「担当者は、ある程度経験値の高い方、工法や設計、素材に詳しい方を望みます」なんてコメントを入れると、担当者もしっかりした方が付いてくれる可能性が高まります。

お勧めの一括見積サイトはタウンライフなのですが、こちらからの条件は下図の赤枠のところに書きます。

無料の「家づくり計画書の作成依頼」を進めて行くと、上のページが出てきます。

私はこのサイトを、リフォームで利用したことがあります。

色々な業者と話をしたり、提案を見るだけでも勉強になりました。

そうして仕入れた情報は、本命の業者との交渉にも活かせます。

まとめ

ハウスメーカー選びは大事だけど、良い担当者さんに巡り会うか否かで完成後の満足度に大きな差が付くという話も良く耳にします。

経験値は誰でも最初はないもので、経験値がない人が悪いわけではありません。

それでも上司や店長が、しっかりフォローしてくれればいいのです。

それでも、ミスや伝達漏れ、こちらの要望が設計士さんに伝わっていないなど・・

色々あれば、担当者の交代も申し出るべきでしょう。

でも誰だって、そんな気まずいことはしたくありません。

なので先に紹介したような一括サイトを使うのは、かなりの得策だと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を気に入って頂けたら、シェアお願いします!